母とヨーロッパへ行く―母+娘=100歳~の旅

個数:
電子版価格 ¥1,265
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

母とヨーロッパへ行く―母+娘=100歳~の旅

  • 太田 篤子【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 講談社(2018/11発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 12時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784065130797
  • NDC分類 293.09
  • Cコード C2026

出版社内容情報

母親こそ、実は旅のベストパートナー! 親も自分もストレスなく、コスパよく、楽しく! そして安全に旅するためのノウハウとは?言葉もネットもできない、疲れやすい・・・・・・高齢の親との旅は困難がいっぱい。
でも娘にとって母親は、気心の知れた旅のベストパートナー。
親も自分もストレスなく、コスパよく! 楽しく! 
そして安全に旅するにはどうすればいいのか、経験豊富な著者が提案します。
「体調管理がすべて」
「ヨーロッパは”見た目”」
「ツインベッドをリクエスト」
「若見えよりきちんと感」
「おみやげは初日に」
「飛行機内こそきちんと」
「予定は一日ひとつ」
「サプライズはいらない」  ほか

親にとっては「元気に旅に行く」ことが人生のひとつのモチベーションになり、結果的にそれこそが親孝行なのかもしれません。イギリス・コッツウォルズ地方を巡る旅、フランス・パリとシャンパーニュ地方を味わう旅、スペイン・美しいパラドールに泊まる旅―――また行きたくなる旅プランも紹介します。

太田 篤子[オオタ アツコ]
著・文・その他

内容説明

また行きたくなる旅プランと安心に旅するコツ、ご紹介します。

目次

ヨーロッパ5つの旅
1 プランを立てる
2 旅の決め手はホテル
3 交通手段を手配する
4 旅の過ごし方
5 装いと持ち物

著者等紹介

太田篤子[オオタアツコ]
大学では英文学を専攻。大学卒業後は大手百貨店で海外美術オークションの仕事に就く。24歳でレーサーの太田哲也氏と結婚して退職。夫がレース中の事故で重傷を負い3年間看病にあたる。その後、夫の立ち上げたモーターブランドの会社でともに働く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

milk tea

32
優雅に見える旅には、スーツケースに詰めるものも知識と情報もたくさん。「地球の歩き方」を持って旅してた頃とは随分時代も変わってしまったんだなと懐かしさも合わせて読みました。2019/12/27

イエローバード

14
母娘で行く欧州旅行の極意集だが、個人的に大当たり。海外のホテルはいつもロケーションの便利さやお洒落なインテリアで決めていたが、著者の場合、湖や河のそばなど、窓からの景色で決めるそう。なるほど、せっかくの海外、やっぱり風景が大事。田舎町を地元の日本人に車で案内してもらったり、ウーバーを駆使したりというのもナイス。高齢の母親が満足できる工夫は、結局誰にでもフレンドリーなわけで、とても参考になった。写真も素敵で、眺めているだけで幸せ。買っちゃおうかな。2019/09/25

小紫

12
経済的に、そして多分ウチの母の体力的にはもう到底難しいことだろうとは思いますが、こんな風にヨーロッパとかに旅行できたら、と憧れてみるだけでも、ちょっとした夢の時間が過ごせそうな一冊でした。また実際、飛行機に乗る際の席の取り方の注意点とか、持っていると便利/安心なものとかも写真でのっていてわかりやすいです。それにしても、GoogleマップとかWi-Fiとか、現代文明を使いこなす筆者の熱意と情熱に脱帽です!《図書館》2019/04/03

ぽけっとももんが

6
わたしも高齢の両親と、ついでに伯母と義母まで引き連れて海外に行ったことがある。元気で気ままな高齢者を引率するのは大変だったけれども、些末なトラブルもありの旅行はとても楽しくて、未だにその話になると盛り上がる。父と伯母はさすがに長距離移動も難しくなったけれども、母にはヨーロッパを見せたいなぁ。さて、高齢の親に対する気遣いが満載でなるほどとうなづきつつ、潤沢な資金を羨ましがりつつ、この本の醍醐味は最後の「装いと持ち物」。マダム扱いされたいなら、それなりの装いが大切。そりゃそうだ。2020/01/19

ホキム

6
いいなあ~こんなヨーロッパ旅行したいですね。わが娘は子育て真っ最中!行けたとしてもこんなきずかいのある旅を計画してくれるだろうか。 ヨーロッパは「見た目が大事」は参考になりました。 2019/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13163957

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。