講談社現代新書<br> 年代別 医学的に正しい生き方―人生の未来予測図

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

講談社現代新書
年代別 医学的に正しい生き方―人生の未来予測図

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年02月18日 01時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065130728
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0211

内容説明

会社で出世レースから脱落したら、子どもの就職がうまくいかなかったら、親や配偶者の介護に直面したら、ガンになったら―どの年代で何が起きるのかを知っておけば、怖くない。和田秀樹流老年医学の総決算。

目次

はじめに 人生80歳超時代の未来予測図
第1章 40代―感情の老化を防ぐために
第2章 50代―人生の岐路
第3章 60代―定年と親の死という喪失
第4章 70代―人生最後の活動期
第5章 80代―老いを受け入れる

著者等紹介

和田秀樹[ワダヒデキ]
1960年、大阪市生まれ。1985年、東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科、同老人科、同神経内科にて研修。国立水戸病院神経内科および救命救急センターレジデント、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科医師を経て、国際医療福祉大学心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

40代は脳前頭葉の収縮に、70代は老人性うつに注意! 後悔しない老後を過ごすため、世代別傾向と対策を伝授する、老後の教科書。40代は脳・前頭葉の萎縮に、50代は身体よりも精神の健康に注意!
会社で出世レースから脱落したら、子どもの就職がうまくいかなかったら、親や配偶者の介護に直面したら、ガンになったら――。どの年代で何が起きるのかを知っておけば、怖くない。和田秀樹流老年医学の総決算!

後悔しない人生を過ごすための年代別傾向と対策

40代 感情の老化を防ぐために 
毎日同じ店で食事をするのは、脳・前頭葉萎縮のサイン
健康診断よりも脳ドックや心臓ドック
「反抗期があった子のほうがいい子に育つ」はウソ

50代 人生の岐路
転職先を意識して働く
鬱病のリスク増大
親の運転免許は返納させるべき?
子どもの就職先を選ぶポイント
熟年離婚を切り出されたら

60代 定年と親の死という喪失
定年をどう受け入れるか
自分を必要としてくれるところを探す
税金は元を取ってナンボ
親を特養に入れるために
介護離職は危険

70代 人生最後の活動期
鬱と認知症の割合が逆転
肉を食べなければいけない理由
認知症予防には「脳トレ」よりも「他人とのお喋り」
アルツハイマー病への誤解
老後の蓄えをため込まない

80代 老いを受け入れる
 「できない」ことではなく、「できる」ことに注目する
ガンは手術すべきか?
迷惑をかけてはいけないのか?
ピンピンコロリは理想的な死か?

和田 秀樹[ワダ ヒデキ]
著・文・その他