講談社文庫<br> あの頃、君を追いかけた

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
あの頃、君を追いかけた

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年10月27日 13時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065130612
  • NDC分類 923.7
  • Cコード C0197

出版社内容情報

今秋、山田裕貴×乃木坂46齋藤飛鳥主演で映画化!誰の心にも眠る「あの頃」の切なさを呼び覚ます、大人に捧げる青春エンタメ小説。「あなたって本当に幼稚」。優等生だ
し可愛いし、だけどクールな君が、あ
る日、後ろの席にやってきた。勉強嫌い
の俺に、容赦ない指導を繰り出す君。放
課後の教室、帰り道、いつの間にか俺の
毎日は、その笑顔でいっぱいになってい
た。誰もが、切なくて愛しい「あの頃」を
思い出す。青春ラブストーリーの翻訳版。


九把刀[ジウバーダオ]
著・文・その他

阿井 幸作[アイ コウサク]
翻訳

泉 京鹿[イズミ キョウカ]
翻訳

内容説明

「あなたって本当に幼稚」。優等生だし可愛いし、だけどクールな君が、ある日、後ろの席にやってきた。勉強嫌いの俺に、容赦ない指導を繰り出す君。放課後の教室、帰り道、いつの間にか俺の毎日は、その笑顔でいっぱいになっていた。誰もが、切なくて愛しい「あの頃」を思い出す、青春ラブストーリーの翻訳版。

著者等紹介

九把刀[ジウバーダオ]
本名・柯景騰(英語名ギデンズ・コー)。1978年8月25日、台湾彰化県彰化市出身。大学在学中の2000年からネットに小説を発表し、ネット作家として有名になり、多くの作品が映画、テレビドラマ、舞台、漫画、ネットゲーム化される。恋愛・青春小説の他、ホラー小説、伝奇小説、武侠小説など幅広いジャンルを手がけ、これまで79作品を発表し、台湾の数々の賞を受賞

阿井幸作[アイコウサク]
1984年、北海道生まれ。北海学園大学人文学部日本文化学科卒業。中国人民大学に語学留学し、北京で日系のフリーペーパー発行企業や翻訳会社などで働き、現在は中国系の雑誌社に勤務。留学中に中国のミステリ小説に興味を持ち、読書をするかたわらブログにレビューを書き続け、ライターや翻訳者としても活動中。現在北京11年目

泉京鹿[イズミキョウカ]
1971年、東京生まれ。フェリス女学院大学文学部日本文学科卒。北京大学留学、博報堂北京事務所を経て、フリーランスとしてライター、メディアコーディネーター、翻訳者として2010年まで16年間北京在住。大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐々陽太朗(K.Tsubota)

80
物語が主人公・柯景騰(コーチントン)の一人称を主語として書き進められており、主人公のガキっぽさも手伝って、ある意味独りよがりな小説となってしまっている。しかし、思春期の主人公の熱い胸中を吐露するには、一人称の語りはかえって相応しい。恋は盲目。客観的な視点などもとより持ちようがないだろうから。思春期特有の甘酸っぱさ、人を好きになったときのなんとも言えない幸福感、失う事への畏れ、洋々たる未来への希望と未だ何も成し得ていない自分への不安等々、そうしたものが読み手の記憶とも呼応しながら怒濤となって押しよせてくる。2021/05/10

おかむー

61
映画(日本版)が良かったので台湾版映画を見てみる前に原作を読んでみた。日本版のノベライズではなくあくまで台湾版原作の翻訳なので、文化・風習の違いにも慣れないしそもそも主人公とヒロイン以外の登場人物の台湾名が区別できないので4~5人いる悪友たちが誰が誰やら(笑)。『もうすこしです』。そこかしこで挿入される著者の“今”のモノローグが映画には無かったぶん少々くどい感触で、日本版映画が醤油味のあっさり風味だとすると今作はコテコテのごった煮で好みは分かれるところでしょう、俺は苦手かな。2018/10/14

マシマロウ

24
かつてこんな経験をした。片っ端からパンクロックのCDを買い漁っていた時のことだ。その日も初めて耳にするバンドのCDを買った。ジャケ買い、いや帯に書かれた謳い文句に踊らされて、である。可もなく不可もなく、といったアルバムだというのが第一印象であったのだが、気がつくと繰り返し聴くようになった。あらためて、そのライナーノーツを読んだ。なんとイスラエルのバンドだった。先に知っていたらおそらく手にしなかっただろう。さて、台湾発の、小説を初読みした。前の経験から先入観を持たないように読んだ。日本との繋がりすごいなぁ。2020/11/05

すみれ

24
憧れの同級生の女の子との日々を綴った青春物語!8年も1人の女の子を追いかけられるのってすごい♡*。゚舞台が台湾なので登場人物の名前は覚えにくかったかな?3cmを埋めるための努力の表現が好きです!笑2018/12/09

kishi

21
台湾の恋愛小説。作者の実体験を書いた体裁になっていますが、どうなんでしょうか? ストーリーが作り物にしてはスッキリしていないので、そうなのかも。ちょっと男が偉ぶりすぎなところ以外は、日本人の感性ともよく合っているように感じました。2019/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13052227

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。