講談社ラノベ文庫<br> 無能英雄のリベンジサーガ

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
無能英雄のリベンジサーガ

  • 椿 博太【著】
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 講談社(2018/08発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 12pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年10月27日 01時30分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065130353
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

英雄が英雄ではなくなる時――悪意にさらされ続けた少年は望む。すべてのものへの復讐を。遙か昔。大陸に一人の英雄が現れ、跋扈していた魔物を滅ぼし、人々をその脅威から救った。それから時は流れ、現在。滅ぼされたはずの魔物は復活し、再び人々を脅かしていた。そんな中、英雄の証・聖印を持つ少年マナトが発見される。英雄、再誕す――生まれ変わりとしてもてはやされるものの、伝説の剣は抜けず、精霊術も発動せず……力の片鱗が見られないまま、三年の月日が流れた。マナトは人々に『無能』と蔑まれながら、いつか来る明日を信じ、辛い日々を耐えていた。しかし突然現れた、伝説の剣を抜いた本物の英雄。それにより命運が尽きたマナトの心は、静かに黒く冷えていく――。
「……望みは、何?」これは、無能と呼ばれた少年の逆襲譚。

椿 博太[ツバキ ヒロタ]
著・文・その他

もっつん*[モッツン]
イラスト

内容説明

遙か昔。大陸に一人の英雄が現れ、跋扈していた魔物を滅ぼし、人々をその脅威から救った。それから時は流れ、現在。滅ぼされたはずの魔物は復活し、再び人々を脅かしていた。そんな中、英雄の証・聖印を持つ少年マナトが発見される。英雄、再誕す―生まれ変わりとしてもてはやされるものの、伝説の剣は抜けず、精霊術も発動せず…力の片鱗が見られないまま、三年の月日が流れた。マナトは人々に『無能』と蔑まれながら、いつか来る明日を信じ、辛い日々を耐えていた。しかし突然現れた、伝説の剣を抜いた本物の英雄。それにより命運が尽きたマナトの心は、静かに黒く冷えていく―。「…望みは、何?」これは、無能と呼ばれた少年の逆襲譚。

著者等紹介

椿博太[ツバキヒロタ]
第2回講談社ラノベチャレンジカップで佳作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

7
魔物が復活し人々を脅かす世界で、無能と蔑まれる英雄の転生体である少年が、復讐と逆襲を始める物語。―――共に歩む人がいる、だから止まれぬ理由がある。 明確な悪意と容赦ない仕打ち、そんな最中で出会った、仕返しをしたいという同じ思いを持つ仲間達。無能と罵られながらもまた立ち上がり、減少したとはいえ同じ力で、過去に果たせなかった事を為すこの物語。後味の悪い、救いようのない結末の味と絆を力に戦う激しい戦いの熱さが見所となる物語である。一先ずの復讐を為し、罪を背負いながらも自由の道へ。 次巻も須らく期待である。2018/08/07

nawade

5
試し読み感想。英雄の生まれ代わりとして期待されながらも精霊術が使えず無能扱いされていた少年が刺客を送られるという裏切りに会い、協力を得て精霊術に覚醒するところで試し読み終了であるが、どこまで復讐をするのかが鍵ですね。王家の方は色々と腹黒いことを計画していたようですが、そこまでは把握していなかったようですし、ライバル候補たるレイフォスはプライドは高そうだけど、ここまで積極的に主人公を害そうとしていたわけではないし、復讐対象にする程じゃないですよね。ただ、何故彼が英雄の剣を抜けたのかが今後の鍵になりそうです。2018/08/01

しまふくろう

3
試し読み。可愛い絵柄だけれど物語はシリアスな復讐劇っぽい。試し読み部分は術の使い方を習得して、という所で終わっているので、どういう復讐をするのか楽しみ。2018/07/29

尚侍

2
物語的には面白かったのですが、主人公が復讐に至るまでの経緯の描写が薄かったのと、そもそも主人公が復讐向きの人間ではないというか、良くも悪くも善良な人間っぽく描かれていたので、復讐物にありがちな暗さがなく読んでいてあまり主人公に共感できませんでした。物語の構成はうまかったしテーマが途中で変わるのもよかったのですが、そこまで描き切るには正直主人公にもっと個性がないと難しいと思うので、続きがあるのであればもっと主人公に葛藤をさせて盛り上げる必要があると思います。2018/08/14

チューリップ

2
試し読みキャンペーンで。英雄の生まれ変わりとされ国の王女と婚約までした主人公だけど英雄としての能力を使う事が出来なかった為に次第に冷遇されるようになり他に伝説の剣を抜けた人が出てきたせいで偽物として命を狙われるようになってしまう。面白かったー。不遇の主人公が力を使えるようになってこれからどう復讐していくのか、最初に出会った少女は何者なのか、国の闇の部分とか気になる事が多くて続きが気になった。親にまで売られてたとか悲惨なので大逆転して欲しいなと応援したくなった。2018/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13022683

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。