講談社ラノベ文庫<br> 我が姫にささぐダーティープレイ〈2〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

講談社ラノベ文庫
我が姫にささぐダーティープレイ〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 289p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065130179
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「わたしの本棚の中に、あなたのような凡作は不要なの」問題児のお嬢様ラライを学園の生徒会長に――ゆくゆくはこの国の王にするために執事として奮闘する貝斗。
そしてラライは先日、学園の剣の祭典『剣姫祭』で大番狂わせを連発し、優勝した(ただし八百長)。
だが、学園の生徒会長候補となるには、武芸、学問、芸術の三拍子がそろった生徒でないと難しい。
そのため貝斗は、次に芸麗祭の文芸部門での勝利を狙う。
最大のライバルは、並外れた読書家と天才作家としての顔をもつ生徒会書記の少女――イヴ・アーティカ。
彼女の才能を手に入れるため、まずは彼女の関心を引くべく、貝斗はリリィたちと協力して小説を制作することになり……!? 
いずれ王とならんとする少女のために執事が暗躍する物語、第二弾!

小山 恭平[オヤマ キョウヘイ]
著・文・その他

ファルまろ[ファルマロ]
イラスト

内容説明

問題児のお嬢様ラライを学園の生徒会長に―ゆくゆくはこの国の王にするために執事として奮闘する貝斗。そしてラライは先日、学園の剣の祭典『剣姫祭』で大番狂わせを連発し、優勝した(ただし八百長)。だが、学園の生徒会長候補となるには、武芸、学問、芸術の三拍子がそろった生徒でないと難しい。そのため貝斗は、次に芸麗祭の文芸部門での勝利を狙う。最大のライバルは、並外れた読書家と天才作家としての顔をもつ生徒会書記の少女―イヴ・アーティカ。彼女の才能を手に入れるため、まずは彼女の関心を引くべく、貝斗はリリィたちと協力して小説を制作することになり…!?いずれ王とならんとする少女のために執事が暗躍する物語、第二弾!

著者等紹介

小山恭平[オヤマキョウヘイ]
青森県出身。第25回講談社BOX‐AiR新人賞、第9回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くもり

4
手のひらで転がされてるのに、ちょっといい話になってる不思議。面白かった。これからカイトが起こす手加減なしの展開が楽しみ。2019/09/18

真白優樹

4
芸術祭文芸部門での優勝を目指し、ラライの為にまた暗躍する今巻。―――手に入れたものを手に、更に全てを掴む為。ゲスなラライにツッコミを入れ振り回されながら、再び策を巡らす今巻。今巻は成長と地盤固めに焦点が当てられており、堕とした少女達の成長を描くと共に、結束と地盤を固め次に向けての種を蒔く、現実的な味のする溜めの巻である。手に入れた力を手に馴染ませ、敵対する少女の弱点を突き暴き出し曝け出し、光へ堕とし救ってみせる。貝斗の悪辣だが真っ直ぐな一手が冴える先、会長を堕とす策とは。 次巻も須らく期待である。2018/08/05

リク

3
我が姫は憎たらしいを通り越して、清々しいをさらに通り越してぶん殴りたくなるくらいのクソだな。だけどそこに確かに王の資質を感じた。落とし神ならぬ堕とし神の暗躍は続く。ペンは剣より強し。情報はいつだって絶対的な力を持つ。今回の標的は類稀なる文才を持つ少女。ストーリーの持って行き方がホントに上手い。使えるものは恋心に弱み、家族愛に我が姫までなんでも使う姿勢好き。ここまでは全ては我が姫の思うがまま、誰も不幸と思ってないのはカイトの手腕か、それとも…。そしてここからは最短距離。カイトとラライの道がどうなるか、期待。2018/08/03

ほにょこ

2
★★★☆☆ 今回は姫を文芸部門で優勝させるために暗躍?する話。 異世界の知識を活用したり、前回獲得した味方をこき使ったり、楽しい内容でした。 傍点をつけてる文章に誤字があったのは残念でした。 2019/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13020529

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。