講談社まんが学術文庫<br> 西郷南洲遺訓

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

講談社まんが学術文庫
西郷南洲遺訓

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月26日 22時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 190p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065129562
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0193

内容説明

明治維新を主導した西郷隆盛。日本史上、彼ほど敬愛されている人物は少ない―。「敬天愛人」「児孫のために美田を買わず」など、その人生はまた彼自身が発した珠玉の言葉に彩られている。潰れかけの酒蔵を立て直すミッションを与えられたお坊ちゃん社長が“西郷どん”マニアの女子社員に手ほどきを受けながら悪戦苦闘。まんがで読む、最もわかりやすい西郷の精神。その深い意味を再発見しよう!

目次

第1章 命もいらず名もいらず…
第2章 兼ねて気象を以て…
第3章 道を踏むには上手下手も無く…

著者等紹介

西郷隆盛[サイゴウタカモリ]
1828年‐1877年。日本の軍人・政治家。西郷南洲翁と最敬意を込めて呼ばれる。薩摩(鹿児島県)の下級武士であったが、島津斉彬に抜擢され、明治維新を主導した。のちにおこした西南戦争に敗れ自刃したが、その人柄と功績が後世の多くの人に敬愛されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

まんがで読む、最もわかりやすい西郷の精神。鹿児島の酒蔵が舞台の感動ストーリーです!幕末。スケールの大きい人生を生きた西郷隆盛。「敬天愛人」「児孫のために美田を買わず」。。その人生はまた彼自身が発した珠玉の言葉に彩られている。まんがで読む、最もわかりやすい西郷の精神。鹿児島の酒蔵が舞台の感動ストーリーです!

明治維新を主導した西郷隆盛。日本史上、彼ほど敬愛さている人物は少ない。「敬天愛人」「児孫のために美田を残さず」などなど、その人生はまた彼自身が発した珠玉の言葉に彩られている。潰れかけの酒蔵を立て直すミッションを与えられたお坊ちゃん社長が”西郷どん”マニアの女子社員に手ほどきを受けながら悪戦苦闘。まんがで読む、最もわかりやすい西郷の精神。その深い意味を再発見しよう!

西郷 隆盛[サイゴウ タカモリ]
原著

葛城 かえで[カツラギ カエデ]
著・文・その他

玉屋 かつき[タマヤ カツキ]
著・文・その他

MICHE Company合同会社[ミケカンパニーゴウドウカイシャ]
著・文・その他