モーニングKC<br> 臨終の要塞 〈下〉

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

モーニングKC
臨終の要塞 〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年08月22日 07時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065128596
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

全員、ご臨終。「因果応報! 粗暴な若輩はその身をもって償うべきです」超高齢化社会の果て、若者vs.高齢者、対立の行方は!?ある日突然、自分が85歳の老人になってしまったら? 身体は重く、視界は霞み、ただの階段は人を死に至らしめる「奈落」へと変わる。若者たちに降りかかった突然の「不幸」。彼らは85歳の老人に変わり果ててしまった。彼らを「絶望させる」この老人介護施設から、いかにして脱出は可能なのか? そして何故、彼らはこの施設に辿り着かなければならなかったのか? 老いと業(ごう)、絶望からの脱出劇、その終焉とは!

高級老人ホームを謳った人体実験場「羽部園」には、老人を虐待・搾取した若者たちが「接ぎ木」要員として収容されていた。「接ぎ木」の内実とは動かなくなった老人の手足を切断し、若者の健康な四肢を移す施術のことであった。施設の真相を知ったミノルは、「羽部園」を潰すことを決意する。

※2017年に刊行された『臨終の要塞 分冊版』 (モーニングコミックス)とは内容が異なります。 

高級老人ホームを謳った人体実験場「羽部園」には、老人を虐待・搾取した若者たちが「接ぎ木」要員として収容されていた。「接ぎ木」の内実とは動かなくなった老人の手足を切断し、若者の健康な四肢を移す施術のことであった。 施設の真相を知ったミノルは「羽部園」を潰すことを決意するのだが。※2017年に刊行された『臨終の要塞 分冊版』 (モーニングコミックス)とは内容が異なります。

吉田 薫[ヨシダ カオル]
著・文・その他