えほん百科シリーズ<br> くぼた式脳をきたえるシールあそび

個数:

えほん百科シリーズ
くぼた式脳をきたえるシールあそび

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2019年08月21日 22時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 63p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784065127971
  • NDC分類 K498
  • Cコード C8771

内容説明

はがして貼る基本の動作を身につけ、色・形を認識し、数を体感するための基本的なシールあそび&言葉や自然環境、生活習慣、行事などを題材にした、状況を判断し、想像力を働かせるための総合的なちえあそび。3歳から100歳まで育脳!365まいの育脳シール!

目次

ステップ1 いろ かず かたち(おなじかたちをはろう;おなじいろをはろう;いろのなかまにわけよう;じゅんばんにはろう ほか)
ステップ2 ちえあそび じゆうが(ぼうしをかぶろう;ドーナツをたべよう;クッキーどうぞ;なんのやさいかな? ほか)

著者等紹介

久保田競[クボタキソウ]
1932年大阪府生まれ。医学博士。京都大学名誉教授。くぼたのうけん顧問。1957年に東京大学医学部を卒業後、同大学院に進み、3年目に米国のオレゴン州立医科大学に留学。大学院修了後は、京都大学霊長類研究所でサルの前頭葉の構造と機能の研究に従事。同教授、同研究所所長を歴任。1970年から前頭前野の研究をはじめ、図形認知や記憶に関わる視覚中枢を発見するなど、大脳における前頭前野研究の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

シールをはがして、考えて、ぺたっ。あそんでいるうちに、しぜんと指が動き脳が働く! 脳のトレーニングにぴったりのシール絵本。脳をきたえるには、乳幼児期に手を動かすトレーニングをすることが大切です。この本では、子どもが大好きなシールあそびを通して、できるだけ指を動かし、脳の発達を促すことを目指します。
3歳から

講談社[コウダンシャ]
編集

久保田 競[クボタ キソウ]
監修