KCデラックス<br> 鉄鼠の檻 〈4〉

個数:
電子版価格 ¥462
  • 電書あり

KCデラックス
鉄鼠の檻 〈4〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 168p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065127414
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

――あんたいったい、何から逃げた?―― 久遠寺に問われ、菅野は静かに語り始めた。鈴に行った、陰惨な出来事の全てを……。――あんたいったい、何から逃げた?―― 久遠寺に問われ、菅野は静かに語り始めた。彼がなぜかつて久遠寺の元から逃げ出したのか。そして、明慧寺にて鈴に対して何をしてしまったのか。そして菅野は続けた「私は半ば望んで壊れたのです。自分の意志で心を壊し、脳髄の埒外に逃げ出したのです。」彼をここまで追い詰め、変貌させてしまったものは一体何であったのか―――。

志水 アキ[シミズ アキ]
著・文・その他

京極 夏彦[キョウゴク ナツヒコ]
原著

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

53
kindle クライマックスへ向かって疾走!!ここまで読んでようやく原作での犯人と動機を思い出しました!そーだった、あの人だった。しかし、思い出したのはそこだけ。謎の少女、知能発達が遅れた巨僧、京極堂と榎さんの活躍、えーっと どんなんだったっけ。関口が受難するのは何となく覚えがあるような、いや いつも通りのような……次巻完結なので楽しみです。待ち遠しいな。2018/09/03

雪紫

31
再読。明かされる僧侶の恋模様と終わらない殺人。憔悴し、成長する山下警部補。どんどん人が事件や山に、囚われていく――。蘊蓄は前巻よりおとなしめ、でもやっぱり読むと止まらない。2020/11/24

T.Y.

24
久遠寺と菅野の地下牢対談。松宮仁如と飯窪女史の過去の真相。中島祐賢の行者との間にあったこと…本作には(俗世ですらなかなか認められない)煩悩に苦しみ、迷いを乗り越える僧侶達の姿が描かれていていつもこの辺は涙なしでは読めないのだが、この漫画版ではむしろ山下警部補の「初めて坊さんの言っていることが理解できたような気がする」とそこからの挽回が印象的だった。忠実でありながらこの印象の違いが面白い。迷える者に対する榎木津の身も蓋もない言葉が核心を衝いて痛快。だがその間にも第3、第4の殺人は続けて起こり、そして…?2018/08/17

ぐうぐう

20
脳の埒外、宇宙の声、大悟、領解、それらの言葉はしかし、明慧寺という空間の中で虚しくこだまする。「自分は出られなくなってしまった」いや「出たくなかったのか?」次から次へと僧侶が死ぬ。檻の中で。囚われ。取り憑かれ。2018/08/21

yucchi

15
山下警部補が少しずつ格好良く見えてくる不思議(笑) 益田君は本編では鉄鼠の檻が初登場なのか。コミックスでは『百鬼徒然袋』が先に出てるので、そっちの印象が強い。2018/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12980176

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。