ライバルKC<br> サムライ・ラガッツィ 〈9〉 - 戦国少年西方見聞録

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ライバルKC
サムライ・ラガッツィ 〈9〉 - 戦国少年西方見聞録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 186p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784063802832
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

小国の領主・播馬晴信は、戦国最強の忍び・桃十郎を従え、天正遣欧少年使節団に参加し、永遠の都・羅馬を目指す! インド編、開始!

時は天正十年、戦国の世。異なる形で夢を追う主従2人が、天正遣欧使節に参加し、世界を舞台に活躍する!
主・播馬晴信:九州の小国の元領主。世界の全てを知りたい15歳の少年。一目で人や物との距離を把握する“測量の見切り”を使い、“萬國大百科”の完成を目指す。
従者・桃十郎(朧夜叉):伊賀最強を誇った忍び。「日本最強の男(=信長)を自分の手で斬る」という夢を、本能寺の変により失う。晴信を殺しにきたが、逆に晴信に一年だけ仕える約束を結んだ。燻った「最強」への夢の続きを、「世界」に見る――!

“東洋のローマ”ことインドのゴアに到着した使節団一行。見るもの全てが新しい街に歓喜する晴信に対し、戦場からは程遠い平穏な日々に厭く桃十郎。主従の契約が切れる“一年(ルビ;ひととせ)”が迫る中、晴信は街で居合の達人に出会う。自らを“さむらい”と称する男は、晴信を主と仰ぎ、士官を申し出た。一方その頃、桃十郎の前に現れたのは、追いかけ続けていた「あの男」にそっくりの将だった――!!