講談社ラノベ文庫<br> 七つの大罪―セブンデイズ

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
七つの大罪―セブンデイズ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月03日 14時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 210p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784063753929
  • NDC分類 913.6

内容説明

ブリタニアの北の大地にその森はあった。人々の侵入を樹木そのものが拒んでいるような、その場所。そこは『妖精王の森』と呼ばれていた。妖精王と呼ばれた兄が姿を消してから700年。少女はたった一人でその神樹の『生命の泉』を護ってきた。時には盗賊、時には軍隊から。数々の別れを経験して、彼女の涙も涸れ果てた頃、一人の青年が『生命の泉』を求めて現れた―。原作コミックでも描ききれなかったあの「7日間」を原作者鈴木央の協力を得て、小説にて完全再現!

出版社内容情報

”妖精王の森”と呼ばれたブリタニアの森で、バンはエレインと出逢う--。あの名作外伝が原作者公認小説となってより詳細に登場!

ブリタニア北の大地にその森はあった。人々の進入を樹木そのものが拒んでいるような、その場所。そこは『妖精王の森』と呼ばれていた。
妖精王と呼ばれた兄が姿を消してから700年。少女はたった一人でその神樹の『生命の泉』を護ってきた。時には盗賊、時には軍隊から。
数々の別れを経験して、彼女の涙も枯れ果てた頃、一人の青年が『生命の泉』を求めて現れた---。
原作コミックでも描ききれなかったあの「7日間」を原作者鈴木央の協力を得て、
小説にて完全再現!