手塚治虫文庫全集<br> 火の鳥 〈5〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

手塚治虫文庫全集
火の鳥 〈5〉

  • 手塚治虫
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 講談社(2011/12発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月09日 19時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 363p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784063738599
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

出版社内容情報

事故によって命を失ったレオナは、体の半分以上を人工物と取り替えることで復活を遂げた。しかし、彼の目には生物が岩やガラクタに見えるという異様な世界が展開され苦悩する。そんなレオナの前に、チヒロという名の若い女性が現れたが、彼女はただの産業ロボットだった……。生き物とは何か。ロボットとは何かを問う「復活編」の他、舞台を見ているかのような手法によって描かれた「羽衣編」の2作品を収録した『火の鳥』第5巻。<手塚治虫漫画全集収録巻数>『火の鳥』復活編(手塚治虫漫画全集MT207~208『火の鳥』第7~8巻収録)/『火の鳥』羽衣編(手塚治虫漫画全集MT208『火の鳥』第8巻収録) <初出掲載>『火の鳥』復活編 1970年10月号~1971年9月号 COM連載 /『火の鳥』羽衣編 1971年10月号 COM掲載

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aster

27
ロビタギザかわゆす、一番好きな編かもしれない。手塚治虫の描き方が上手い。2021/02/25

まるほ

23
先日読んだ『沙耶の唄』という作品が『復活編』のオマージュが盛り込まれているということで、本作も読んでみることに。▼なるほど、宮津レオナとチヒロの関係は、まさに沙耶の唄の郁紀と沙耶と同じ。しかしモチーフは同じであっても、展開はまるで異なる。▼手塚治虫のライフワークというだけあって、物語のスケール感がスゴい。火の鳥が司るという永遠の生命をベースに、生命とは、アイデンティティとは、と問う。ロビタの物語も、とてもうまく挿入されており、ストーリーテラーとしての手塚氏の才に驚嘆しきり。▼読了後も考えさせられる名作。2021/09/23

ホームズ

12
復活編、羽衣編。復活編の砂時計と西暦だけがあるページはなんか映画を見ているような感覚になってしまった。内容も面白かったな~(笑)物語に引き込まれていく感じが良かった(笑)羽衣編は舞台のようなコマも面白かったし内容も楽しめた(笑)2012/01/07

まご

9
「復活編」。ニールセン博士の人体実験で復活したレオナ。ふたつの人間の肉体をひとつにしたドク。そして、レオナとロボットチヒロの頭脳はひとつになり、ロビタとなった。人間に重宝され大量生産されるロビタ。約900年後、最後のロビタと月で出会った猿田博士の言葉。「生命の秘密をさがしている。」まさに、この物語は、生命の秘密をさがす物語です。子供の頃読んだ時には、分からなかったこと。「羽衣編」。ファンタジーです。2015/07/12

陽@ リュウグウからの贈り物💖

7
何度も何度も繰り返して読む名作。火の鳥シリーズで1番好きな復活編。そして羽衣編。ロビタが大好きなのです。これ以降私がアンドリューやピクサーウォーリー、山本アイの物語に心惹かれるのも必然な訳なのです。チヒロに愛が芽生える場面や手塚独特の愛の融合シーン84ー88ページのあの表現は私の心を魅惑してならないのです。幼い頃からの宇宙への想いがロボへの愛を惹きつけて止まないのだろうか。人外な存在への想いは日本人的資質の八百万の神にも通じるようにも思う。何にせよ、ロビタと出会う事が出来て私は幸せなのです。2013/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4498583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。