日本の10番背負いました―ブラインドサッカー日本代表・落合啓士

個数:

日本の10番背負いました―ブラインドサッカー日本代表・落合啓士

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月09日 23時11分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 167p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784063649734
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

「キャプテン翼」に憧れ、夢中でサッカーをやっていた少年時代。視力を失い、サッカー選手になるという夢を失い、自暴自棄になった学生時代。死をも考えた男は、ブラインドサッカーと出会い、再び立ち上がる。つぶされても、転んでも、くじけず泥臭くプレイし、観客を熱狂させる日本代表キャプテン・落合啓士の強く激しい生きざまを書いた、渾身のドキュメンタリー!!

目次

アジア選手権を終えて
「キャプテン翼」に憧れていた少年期
失明への恐怖におびえ、不良の道へ
やんちゃ時代、ピークからどん底へ
障がい者スポーツとの出会い
ブラインドサッカーに打ち込むために大阪へ
世界を初めて体感する
ロンドンパラリンピック出場を逃す
ブラインドサッカーが教えてくれたこと
これからの私がめざすもの

著者等紹介

落合啓士[オチアイヒロシ]
1977年8月2日生まれ。神奈川県出身。10歳の頃から徐々に視力が落ちる難病を発症し、18歳で視覚障がい者となる。25歳でブラインドサッカーに出会い、その後日本代表に選出。世界選手権2014、アジア選手権2015では日本代表キャプテンとして出場。神奈川県内唯一のブラインドサッカーチーム「buen cambio yokohama」設立。代表を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現在、パラリンピックの人気競技として注目を集めているブラインドサッカー(視覚障害者5人制サッカー)。その日本代表の10番として活躍中の落合啓士選手の半生を描いたノンフィクション。