講談社ノベルス
渦巻く回廊の鎮魂曲(レクイエム)―霊媒探偵アーネスト

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 279p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062990158
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

霊媒師・アーネストのもとに持ち込まれたのは、十六年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女の捜査依頼。屋敷には渦巻き状の奇妙な回廊があり、最深部には「持ち主の運命を狂わせる」と噂される人形が飾られている。依頼を引き受けた友人のことが気にかかって、若き喫茶店店主の佐貴も藤村邸に同行することに。年に一度開かれる紫陽花観賞会に招かれた二人の前で、新たな殺人事件が発生してしまい―。

著者等紹介

風森章羽[カザモリショウ]
東京都調布市生まれ。『渦巻く回廊の鎮魂曲(レクイエム)―霊媒探偵アーネスト』で第49回メフィスト賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第49回メフィスト賞受賞作! 霊媒師一族の末裔、アーネストと霊感ゼロの喫茶店店主、佐貴。二人が挑む最初の事件

第49回メフィスト賞受賞作

霊媒師一族の末裔、アーネストと
霊感ゼロの喫茶店店主、佐貴。
二人が挑む最初の事件

霊媒師・アーネストのもとに持ち込まれたのは、
十六年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女の捜索依頼。
屋敷には渦巻き状の奇妙な回廊があり、最深部には
「持ち主の運命を狂わせる」と噂される人形(ビスクドール)が飾られている。
依頼を引き受けた友人のことが気にかかって、
若き喫茶店店主の佐貴も藤村邸に同行することに。
年に一度開かれる紫陽花観賞会に招かれた二人の前で、
新たな殺人事件が発生してしまい――。

【著者紹介】
3月7日、東京都調布市生まれ。『渦巻く回廊の鎮魂曲 霊媒探偵アーネスト』で第49回メフィスト賞を受賞し、デビュー。好きな場所は多摩地域。