講談社タイガ<br> サイメシスの迷宮―逃亡の代償

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

講談社タイガ
サイメシスの迷宮―逃亡の代償

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月26日 00時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062941167
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

孤独過ぎる天才プロファイラー×性格良すぎる熱血刑事、第2の事件!東京都下で起きた女児殺害事件。超記憶症候群のプロファイラー・羽吹允は、遺棄の状況から8年前の和光市女児連続殺害事件を模倣していると気づく。和光事件の犯人・入谷謙一はふた月前に獄中で病死していた。相棒の神尾文孝とともに、羽吹が入谷の周辺を聞き込むうちに、第2の事件が。第1の事件との微妙な差異に違和感を覚えた羽吹は、超記憶を駆使して事件の真相に迫る。



アイダ サキ[アイダ サキ]
著・文・その他

内容説明

東京都下で起きた女児殺害事件。超記憶症候群のプロファイラー・羽吹允は、遺棄の状況から8年前の和光市女児連続殺害事件を模倣していると気づく。和光事件の犯人・入谷謙一はふた月前に獄中で病死していた。相棒の神尾文孝とともに、羽吹が入谷の周辺を聞き込むうちに、第2の事件が。第1の事件との微妙な差異に違和感を覚えた羽吹は、超記憶を駆使して事件の真相に迫る。

著者等紹介

アイダサキ[アイダサキ]
1月3日大阪府生まれ。2002年「傷痕」(小説June)で作家デビュー。「エス」「DEADLOCK」など人気シリーズを手がける。近年はBL小説にとどまらず、多ジャンルで活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

🐾Yoko Omoto🐾

113
シリーズ2作目は女児連れ去り殺害事件。8年前の事件の模倣が疑われる中で、些細な違和感を無視できない羽吹が、自身の特殊能力を駆使し犯人像に迫っていく。あらかたの真相は予想と近かったものの、羽吹の持つ超記憶症候群、バディを組む神尾との距離感の変化を事件と密接に絡め、単純な展開に見せない巧さがある。シリーズ最大の謎であろう、少年期に誘拐された羽吹の空白の1年間。その真相については、小出しながらもインパクトを伴って描かれており、今後のストーリーで羽吹の苦悩がどう変化していくのかが大きな読みどころ。次も楽しみ。2020/10/11

みやこ

80
鳥肌が立つような得体のしれなさと粘ついた悪意が、心の底から気味が悪い。前作よりも薄気味悪さがグレードアップしているのは、ヤツの影がより濃くより近くなったせい。羽吹が再び悪意に絡め取られることがないことを願いたいけど、そうはいかないんだろうなぁ。被害者や周囲がより深く傷ついたり後悔したりする環境(社会?)は、どうにかしていかないといけない問題なんだと思う。頑なだった羽吹が神尾の意見に耳を傾け始めたのは良い兆候。この先に待ち受けるであろう苦難に立ち向かうためにも、信頼できるバディの存在は絶対に必要だから。→2018/06/17

aquamarine

76
シリーズ二冊目。今回彼らが扱うことになったのは幼児連れ去り殺害事件。過去の事件を引きずる羽吹にとっては辛い展開ではありますが、彼自身のことや神尾の距離感だけではなく、事件を追う特殊能力を生かした警察ものとしても堪能しました。こんな事件ですから解決しても誰も救われないのですが、よくできていると思います。しかも、キャラもののシリーズですから、ラストになかなかのものが控えていました。今後どうなっていくのかますます気になります。シリーズ前提のタイガなのでまだまだ先は長そうですが追いかけていこうと思います。2019/06/12

yu

73
Kindleにて読了。シリーズ2作目。ちょっとずつ心を開きかけてきた羽吹さん。神尾さんは、犬みたい。よい意味で。子供が犠牲になる事件は心の痛さが半端ない。2019/11/03

みやこ

67
読メを始めてから良い意味で変わったことのひとつは、シリーズ物の続刊が出たら新刊を読む前に極力既刊を読み返すようになったこと。そうすると新刊の理解がより深まるし、より楽しめる、ということを今更ながらに実感。今回も三作目を読む前に一作目と二作目を再読。事件の概要、経緯、犯人、そして羽吹の過去は概ね覚えていても、今後の物語の主軸になるであろう、現在の羽吹に纏わる悪意に関しては黒幕的な人が誰かチラチラいたよね、くらいにしか覚えていなくて、明確に示されていた「彼」の痕跡にゾクリ。これで復習は完璧。次巻が楽しみ。→2019/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12849509

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。