講談社タイガ<br> 探偵女王とウロボロスの記憶

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

講談社タイガ
探偵女王とウロボロスの記憶

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年10月20日 19時44分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062941105
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

人気ミステリ作家庫院薫子のもとに持ち込まれる不可解な事件。転落した“聖女”が衆人環視のなか消失!「死者が蘇ることなんてあると思いますか?」聖信光学院の屋上から元生徒会長・美嘉見麻莉が突き落とされた。転落後、衆人環視のなか姿を消した彼女は3日後の夜、複数の人物に目撃される。学院につたわる聖女伝説どおりに麻莉が復活したと信じる生徒たち。相談を受けた人気ミステリ作家・庫院薫子は、助手の涼川晴人を現地に送る。記憶がつくる物語を鮮やかに解く本格ミステリ。

三門 鉄狼[ミカド テツロウ]
著・文・その他

内容説明

「死者が蘇ることなんてあると思いますか?」聖信光学院の屋上から元生徒会長・美嘉見麻莉が突き落とされた。転落後、衆人環視のなか姿を消した彼女は三日後の夜、複数の人物に目撃される。学院につたわる聖女伝説どおりに麻莉が復活したと信じる生徒たち。相談を受けた人気ミステリ作家・庫院薫子は、助手の涼川晴人を現地に送る。記憶がつくる物語を選やかに解く本格ミステリ。

著者等紹介

三門鉄狼[ミカドテツロウ]
1983年生まれ、2009年デビュー。ライトノベルレーベルでの著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

49
うーん、文体に森さんと京極さんの影響を受けすぎである。キャラクターにもっとアクが欲しい……。2018/02/25

マッちゃま

22
う〜ん…まあ〜なんともこりゃ〜な作品(苦笑)「著者初の本格ミステリ」の帯の文字に期待が高まると共に本格ミステリと云う言葉の意味を自分に問う。本格ミステリと呼ばれるジャンルは大好き…なハズであるが、そもそも本格ミステリと呼ばれる定義など自分では上手く語れない。「不可解な謎が提示され、それが論理的に解かれる事が主眼である物語」なんかなぁ〜とは思っていますが、コレはそうでコッチは違う等の線引きを自分で間違えなく出来るかと言われれば「出来ない」と断言できる(笑)本書を読み終えて感じたのは「プチ◯◯」でした。2018/05/12

yuui

20
うーん、崇拝する生徒に崇拝する教師にさらにそれを崇拝する生徒 で、最後にボス登場みたいな‼︎真実だという熊ってことが無理矢理感があったかな‼︎映像化したら面白いかも☺︎2018/03/19

きょん

16
巻頭に校舎の見取り図があったので、何か目新しいトリックでも?と期待してしまったが残念。S&Mシリーズ好きな人は好きな感じかな。2018/03/07

シアン

11
女子高を舞台にした学園ミステリー。探偵役が認知心理学なる基礎知識を披露するが、なんともややこしい。論理的思考は大好物だけれど、それともまた少し違う気がする。一言で言うならば、惹きつけられる箇所がない。可もなく不可もなくという感じ。あと、本筋には関係ないけれど、生徒会で名前の刺繍入りスカーフを交換するのが慣わしになっている、とあるけれど、翌年からどうなるのだろうと気になって仕方なかった。それを始めた最初の人のスカーフが代々受け継がれていくということなのかな。2018/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12626108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。