講談社タイガ<br> 招キ探偵事務所―字幕泥棒をさがせ

個数:
電子版価格 ¥485
  • 電書あり

講談社タイガ
招キ探偵事務所―字幕泥棒をさがせ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 18時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 218p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062941082
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

上映中の映画から字幕が盗まれた!? 映画館バイトの青年と風変わりな常連客。かつてないコンビが謎を解く!満員御礼の土曜日。黒音幸多が働く「奥田映写館」で事件は起きた! 話題作が上映をはじめた直後の劇場で、爆笑の声が響き渡る。おかしい、コメディ映画ではないはずなのに、なぜ……?
「字幕が盗まれる」というありえない事態に、払い戻しを求める客で大混乱する中、居合わせた常連客の“先生”こと雪穂史郎は、黒音を巻きこみ頼まれてもいない字幕泥棒さがしをはじめる……。

高里 椎奈[タカサト シイナ]
著・文・その他

内容説明

満員御礼の土曜日。黒音幸多が働く「奥田映写館」で事件は起きた!話題作が上映をはじめた直後の劇場で、爆笑の声が響き渡る。おかしい、コメディ映画ではないはずなのに、なぜ…?「字幕が盗まれる」というありえない事態に、払い戻しを求める客で大混乱する中、居合わせた常連客の“先生”こと雪穂史郎は、黒音を巻きこみ頼まれてもいない字幕泥棒さがしをはじめる…。

著者等紹介

高里椎奈[タカサトシイナ]
1999年、『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

51
情景描写が少ないため状況が把握しづらいのと、これは高里先生の文体でもあるから仕方ないのだが、漢字をもう少しかなにひらいていただきたかった。2018/03/24

すい

45
主人公がアルバイトをしている映画館で上映された洋画の字幕が盗まれた。というか、別の字幕にすり替えられていた。犯人は誰?映画が上映されるまでに行われる作業に関する薀蓄なんかにはとっても興味があって楽しかったけれど、肝心の謎解きが「なんじゃそら」レベルなのが頂けない。ホームズとワトソンが実は・・・・・・とか、ルンバの役割とか、そういう細々した所に関心が移ってしまったのが残念。キャラクターに深い魅力を感じる前に終わってしまった印象も強く、次作があるなら面白くなりそうな予感もする。私が読むかどうかは微妙な所。2018/05/14

空猫

18
内容的にも文体的にも良くも悪くも高里椎奈と感じます。テーマ的には社会派のようで「なぜ腐敗した組織を成敗するヒーローはいないのか」問題。確かに勘違いした正義の味方ってテロリストですから。ただ現代世界では悪党への正当な糾弾まで「破壊行為」認定する司法権濫用が目立つ気もします。簡単にいうと政権側の上層部は決して裁かれない世界。さてそれはともかく,今回も魅力的で濃いキャラクターの連打・連打。熱血青年と超然兄さんに,頼れる強面オジさん,利発な姉さん,こましゃくれた姉と引っ込み思案な弟と,挙げていくとキリがない。2018/11/02

陸抗

16
映画の字幕が、別の映画のものになっていた。誰がどうやってすり替えたのか。映画館でバイトしている黒音が、常連客の雪穂と調べることに。昔の映画の字幕のつけ方、今の映画の仕組みを知るのは楽しかったけれど、助手だと思ってた人が実は…という展開は、要らないんじゃないかな。あと、ルンバで人は追い払えない。2018/03/28

ココノビエガク

13
初っ端の黒音君の章で『引っかかってなるものか』という妙な対抗意識を燃やしてしまった。文章が淡々としているので全体的にスラスラ読めるものの、構成がやや複雑になっているので好みが分かれるかもしれない。謎が謎を呼び、一つが解決してもそれは全体の極一部でしかない。流れは薬屋シリーズに似ているかな。だけれども、そこが今回の謎を解くヒントのような気もする。メイン二人の関係性や能力については、これからもっと明らかになっていくかもしれないので、続きが楽しみ。2018/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12685396

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。