講談社タイガ<br> 閻魔堂沙羅の推理奇譚

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

講談社タイガ
閻魔堂沙羅の推理奇譚

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月21日 02時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062941075
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「犯人がわからない? あなたは地獄行きね」第55回メフィスト賞受賞作! 死者復活を賭けた推理ゲーム!第55回メフィスト賞、受賞作!!

「犯人がわからない? あなたは地獄行きね」

死者復活を賭けた推理ゲーム!

俺を殺した犯人は誰だ? 現世に未練を残した人間の前に現われる閻魔大王の娘――沙羅。赤いマントをまとった美少女は、生き返りたいという人間の願いに応じて、あるゲームを持ちかける。自分の命を奪った殺人犯を推理することができれば蘇り、わからなければ地獄行き。犯人特定の鍵は、死ぬ直前の僅かな記憶と己の頭脳のみ。生と死を賭けた霊界の推理ゲームが幕を開ける――。

木元 哉多[キモト カナタ]
著・文・その他

内容説明

俺を殺した犯人は誰だ?現世に未練を残した人間の前に現われる閻魔大王の娘―沙羅。赤いマントをまとった美少女は、生き返りたいという人間の願いに応じて、あるゲームを持ちかける。自分の命を奪った殺人犯を推理することができれば蘇り、わからなければ地獄行き。犯人特定の鍵は、死ぬ寸前の僅かな記憶と己の頭脳のみ。生と死を賭けた霊界の推理ゲームが幕を開ける―。

著者等紹介

木元哉多[キモトカナタ]
埼玉県出身。『閻魔堂沙羅の推理奇譚』で第55回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nayu

91
事件の被害者が探偵役という役回りで話を回すミステリー。      自分を殺したのは誰だ?    今ある情報だけで推理できる。     制限時間は10分。      なかなかに親切で丁寧なミステリだった。2018/04/29

た〜

88
新刊の方を先に読んでしまってよかったのでこちらも。後先入れ替わっても全く問題なし。しいて言うなら閻魔大王なのに健康診断な理由が後から成る程。閑話休題。面白さは新作同様、でもいい話という点では断然こちらが上。特に82歳無職・老衰の話では涙腺崩壊 でも、沙羅ちゃんの黒さでは新刊に分があるかな。2018/06/06

papako

84
なんとなく気になって。殺されたり死んだ人が、閻魔さまの娘に裁かれる。最後に推理で正解出来ると、死ぬ前に戻れる。犯人を当てたり、永年の悩みの答えを見つけたり。そして死ななかった人達は、生まれ変わったみたいに生きていく。自分を見直すってことだね。重くなくて、前向きになる人達に爽やかな読後感でした。続きは機会があれば。ですね。あ、サンドイッチ美味しそうだった!2019/03/04

80
名付けて、死者復活・謎解き推理ゲーム!第55回メフィスト賞受賞作。閻魔大王の娘・沙羅に出会った4人の運命を描く連作集。生き返る条件は、自分を殺した犯人を当てること。いわば、死者への挑戦。当てれば復活、外せば地獄の推理ゲームが幕を開ける。絶賛か激怒のメフィスト賞とは言うけれど、これに激怒はないでしょう。読み易く面白い、クールでキュートなライトミステリーに仕上がっている。謎解き難易度は甘めなので、素人探偵諸君はトリックと犯人の両方を当てにいくのもいいだろう。ちなみに僕は1勝3敗でした……ほぼ地獄行きやないか!2020/08/05

なっぱaaua

80
死んだ者が生き返るために自分が死んだ理由や想い残した理由を推理する。それを判断するのが閻魔様の娘沙羅。4つの短編。それぞれがほっこりしたりホッとしたりする、メフィスト賞受賞作なのね。こういうの好きですね。推理すると言っても、それほど複雑でもないですし、むしろ人情ものです。5月に続刊が出るのですね。楽しみ。分かり易いしドラマ化しても面白いかも。2018/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12685397

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。