講談社タイガ<br> LOST 失覚探偵〈下〉

電子版価格 ¥759
  • 電書あり

講談社タイガ
LOST 失覚探偵〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940689
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

さようなら、名探偵――。推理をすれば、感覚が消える。失われる探偵の物語、最終章。探偵が闇に落ちるか、真犯人が明らかになるか。残る感覚は、あと二つ。

密室での死刑囚の焼死にはじまる連続殺人事件は、仏教の六道に擬えられていた。探偵・六元は地獄界、天界、修羅界、餓鬼界の四つの事件を解決するごとに、自らの感覚を消失。残るは赤の視覚と聴覚のみだった。
探偵を嘲笑うかのように、同居人の花純が誘拐され、姿を消す。黒幕との直接対決の中、六元の推理が反転し続ける真実に挑む。最後の感覚を失った探偵の運命は……!?

10 白昼夢
11 畜生界:斬死
12 人間界:失格
13 鏡の球の中
14 探偵:使命
あとがき


周木 律[シュウキ リツ]
著・文・その他

内容説明

密室での死刑囚の焼死にはじまる連続殺人事件は、仏教の六道に擬えられていた。探偵・六元は地獄界、天界、修羅界、餓鬼界の四つの事件を解決するごとに、自らの感覚を消失。残るは赤の視覚と聴覚のみだった。探偵を嘲笑うかのように、同居人の花純が誘拐され、姿を消す。黒幕との直接対決の中、六元の推理が反転し続ける真実に挑む。最後の感覚を失った探偵の運命は…!?

著者等紹介

周木律[シュウキリツ]
某国立大学建築学科卒業。『眼球堂の殺人~The Book~』(講談社ノベルス、のち講談社文庫)で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。