講談社タイガ<br> レディ・ヴィクトリア―ロンドン日本人村事件

電子版価格 ¥792
  • 電書あり

講談社タイガ
レディ・ヴィクトリア―ロンドン日本人村事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940580
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ヴィクトリア朝ロンドンの日本人村での火災。焼け跡から発見された遺体とレディ・シーモアが助けた記憶喪失の日本人青年の関係は?ミカドの持ち物だったと騙る「翡翠の香炉」詐欺。日本人村の火災と焼け跡から発見された死体。そして記憶喪失の日本人青年。日本に関わる三つの事件にレディ・シーモアとチーム・ヴィクトリアの面々が挑む。ヴィクトリア朝のロンドンを舞台に天真爛漫なレディと怜悧な男装の麗人、やんちゃな奉公人が活躍する極上の冒険物語。

第一章 ロンドンからの手紙
第二章 ジャポニスムの甘き罠
第三章 かの国に昔日の面影は遠く
第四章 ナイナイ国の長い午後
第五章 名無しのエトランゼ
第六章 死体がひとつ、またひとつ
第七章 ティティプーまでは何マイル?
第八章 日本の魔法の夜
第九章 夢の終わり、旅路の果て
エピローグ/再会
あとがき
参考文献


篠田 真由美[シノダ マユミ]
著・文・その他

内容説明

ミカドの持ち物だったと騙る「翡翠の香炉」詐欺。日本人村の火災と焼け跡から発見された死体。そして記憶喪失の日本人青年。日本趣味が人気を集めるロンドンで起きた日本に関連する三つの事件にレディ・シーモアとチーム・ヴィクトリアの面々が挑む。ヴィクトリア朝のロンドンを舞台に天真爛漫なレディと怜悧な男装の麗人、やんちゃな奉公人たちが活躍する極上の冒険物語。

著者等紹介

篠田真由美[シノダマユミ]
1953年、東京都本郷生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。専攻は東洋文化。91年『琥珀の城の殺人』が第二回鮎川哲也賞の最終候補となり、翌年、東京創元社より刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

63
意外な形でジャポニズムが関わってきて、タイムスリップした気持ちで楽しめた。史料に基づいた知識で書かれているので、説得力がある物語背景だった。2017/04/12

まふぃん

18
3巻目は日本人村が舞台。概ね面白かったが、最後の決着の仕方が少し不満。山内氏がもっといい目をみてもいいんじゃないかなあ?!ただ無事解決出来て良かった。2017/09/04

クライゲッコー

16
歴史は縦に見るんじゃなくて横に見るべきなんだなとつくづく思わされる。高三の選択科目は世界史取ってたけどもっと横の見方をすればもっと面白かったのかもしれない。それにしても著者の趣味が十二分に発揮されて描写が細かい。キャラも魅力的で各人の裏設定とかもっとありそうなのにあと2巻で終わるのが惜しい…2020/08/02

Norico

16
レディシーモアのシリーズ3作目。テーマは日本。ローズの淡い初恋も。2019/12/21

nono

16
図書館本。シリーズ三冊目。今回は19世紀のロンドンで流行った日本趣味絡みの事件。相も変わらぬレディ・シーモアの颯爽とした、そしてチーム・ヴィクトリアの面々の活躍が楽しい一冊。あの彼もチームの一員になって欲しかったなぁ。あの時代のジャポニズムと維新後の日本の捉えられ方等興味深かったけど、登場人物が多い^^ちょっと混乱しつつも楽しく読了。2017/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11526452

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。