講談社タイガ<br> ゴーストケース―心霊科学捜査官

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

講談社タイガ
ゴーストケース―心霊科学捜査官

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月16日 16時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 300p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940566
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

地下アイドルのCDが誘発する、ファンの連続自殺事件。呪いの謎に挑むのは陰陽師にして心霊科学捜査官の御陵清太郎。王道エンタメ!地下アイドル・奏歌(ルビ:かなう)のCDが誘発する、ファンの連続自殺事件。このCDの呪いを科学的に解明せよ。
ミッションを託されたのは陰陽師にして心霊科学捜査官の御陵清太郎(ルビ:みささぎせいたろう)と、警視庁捜査零課の刑事、音名井高潔(ルビ:おとないたかきよ)のバディ。
鍵となるのは人間の意識の主体である「霊子(ルビ:りょうし)」と、人間が死後に発する精神毒素である「怨素(ルビ:おんそ)」。
奏歌のライブに立ち会った御陵と音名井は、奏歌もまた「自殺したアイドル」に祟られているという噂を知る。
地下アイドルの光と影に直面した2人が導き出す「呪いの構造」とは?

筋良し、キャラ良し、テンポ良し。意外性抜群のラストで落涙。
圧倒的な面白さで、読み出したら止まらない、王道エンタメの傑作!
異能の新鋭作家・柴田勝家に注目せよ!

プロローグ
第一章──祟り事案
第二章──呪われたアイドル
第三章──怨むべき相手
第四章──笑顔
第五章──心霊科学捜査
第六章──幽霊達の歌
エピローグ


柴田 勝家[シバタ カツイエ]
著・文・その他

内容説明

地下アイドル・奏歌のCDが誘発する、ファンの連続自殺事件。CDの呪いの科学的解明に挑むのは、陰陽師にして心霊科学捜査官の御陵清太郎と警視庁捜査零課の刑事・音名井高潔のバディ。奏歌は自殺したアイドルに祟られているという。事件の鍵となる、人間が死後に発する精神毒素“怨素”を追って、地下アイドルの光と影に直面した御陵と音名井が導き出す「呪いの構造」とは?

著者等紹介

柴田勝家[シバタカツイエ]
1987年東京都生まれ。成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻所属。外来の民間信仰の伝播と信仰の変容を研究している。戦国武将の柴田勝家を敬愛する。2014年、『ニルヤの島』が第2回ハヤカワSFコンテストで大賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

52
漫画や小説を原作にドラマ化した作品とは逆に、ドラマを小説にしたようなやたらキャラだちが過ぎる刑事もの?その設定に霊を数値化することで犯罪捜査のジャンルを増やしたところが味噌ではあるが、主人公はその科学的スタンスには相反する陰陽師、その相棒が今回の話にはタイムリーだが今後も活かせるのかアイドルオタクの強面刑事、緊迫するはずの捜査一課とのライバル関係も曖昧ときては出たとこ勝負な感じは否めない。2018/04/05

geshi

34
幽霊とミステリ、本来は相いれないものを「心霊科学」という特殊設定の下で融和させ、「幽霊だから」と逃げられる部分とそうでない部分のバランスをとっている。バディものとしても、個性的な捜査メンバーのチームものとしてもキャラ要素抜群。アイドルの光と影に宗教的信仰心を組み合わせたアイドル論+民俗学の解説は濃いのに外野の人間でも分かりやすい。仕掛けは予想できるものだし、トリック成立させるために都合よすぎる部分はあるが、綺麗にまとまっている。心情を平の文で出し過ぎて人物が浅薄に見えちゃうのはライトノベルゆえやむなしか。2017/05/10

ゆんこ姐さん@文豪かぶれなう

29
霊による事件が科学的に証明され、捜査対象となっている世界。科捜研ならぬ霊捜研に、警視庁には捜査零課。そこに所属する一見浮浪者、陰陽師の御陵と、一見真面目な音名井のバディが挑むのは、アイドルの祟りによる連続自殺事件。精神霊素「怨素」やら、「死後犯罪」「祟り事案」など耳慣れない言葉が続くし、意外とキャラクタも多いので混乱しそうなものの、キャラ立ってるし、ストーリー的には面白いし結局誰がどうやって祟ってんだ?それとも殺人事件なのか?というミステリ要素もあり面白かった!次モデルなら是非読みたい!2017/01/28

ami*15

24
地下アイドルの呪いのCDによるファンの連続死の謎とは、心霊関連の事件を科学的に解明するという内容に不思議な空気が漂った。次々に事件と関連してくるようなアイドルの名前が出てきたところに脳内が整理できなくなってきたけど、まあ心霊と科学がテーマのミステリーなので心霊現象と科学の関係性についてのネタは心霊現象はどちらかというと信じない派の私には面白いネタだったと思う。内容というよりは御陵の独特な喋り方がかなり気になりました。あと大まかな内容からズレるけど地下アイドルのライブの熱気が凄すぎる(^^;;2018/01/25

ちゃも

19
良き。ひぃ~読みやすい!!楽しかった~!!レビューを見てるとあまり期待できなそうな感じだったけど、私は大いに楽しめました。幽霊の逮捕のこととかあんまり深く考えてないからかもしれない。続きが出たらぜひ読みたい!いや、それにしても登場人物の名前の読みにくさったらもう。慣れちゃうからいいんだけど。主人公含め、キャラみんながわちゃわちゃしてて読んでいて大変楽しかった。変に裏切ったり、仲間間でこじれることなく、するっと解決するの、私は好きです。御陵さん、すきです。言葉遣いもそれほど難解ではなく、良かったです。2018/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11257402

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。