講談社タイガ<br> 僕と死神(ボディガード)の白い罠

電子版価格 ¥726
  • 電書あり

講談社タイガ
僕と死神(ボディガード)の白い罠

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940405
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「命を狙われた御曹司」×「不死身のボディガード」の最強タッグが、またもや事件に巻き込まれ……!?黒い噂の絶えない名家に生まれたがゆえ、命を狙われ続ける運命を背負った孤高の少年・海堂凜。そして彼をあらゆる危機から救い出し守り抜く使命を担うボディガードの永瀬。見えない糸で繋がれた二人の絆は、異邦の美青年二人組の出会いと、永瀬の「素顔」に疑念を抱く刑事の存在により複雑に絡み合っていく。笑顔の裏の陰謀、そして永瀬の隠された過去が少しずつ明らかになり……。

プロローグ
第一章 楽しい夏休みのはずだった
第二章 不機嫌な客人
第三章 黄金の貴公子と漆黒の従者
第四章 優雅ならざる避暑地の午後
第五章 二つの名をもつボディガード
第六章 打ち上げ花火は夜空に轟き
第七章 守るべき人のために
エピローグ


天野 頌子[アマノ ショウコ]
著・文・その他

内容説明

黒い噂の絶えない名家に生まれたがゆえ、命を狙われ続ける運命を背負った孤高の少年・海堂凛。そして彼をあらゆる危機から救い出し守り抜く使命を担う死神の永瀬。見えない糸で繋がれた二人の絆は、異邦の美青年二人組の出会いと、永瀬の「素顔」に疑念を抱く刑事の存在により複雑に絡み合っていく。笑顔の裏の陰謀、そして永瀬の隠された過去が少しずつ明らかになり…。

著者等紹介

天野頌子[アマノショウコ]
らいとすたっふ小説塾をへて、2005年に『警視庁幽霊係』(祥伝社文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。