講談社タイガ<br> 先生、大事なものが盗まれました

個数:
電子版価格 ¥531
  • 電書あり

講談社タイガ
先生、大事なものが盗まれました

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 268p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940290
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

伝説の怪盗に、盗めぬものはなし!「誰が(Who?)」「どうやって(How?)」を超えた、ミステリ史上初の命題!伝説の怪盗に、盗めぬものはなし!「誰が(Who?)」「なぜ(Why?)」「どうやって(How?)」を超えた、ミステリ史上初の命題!

愛や勇気など、形のないものまで盗む伝説の怪盗・フェレス。その怪盗が、凪島のアートギャラリーに犯行後カードを残した!
灯台守高校に入学した雪子は、探偵高校と怪盗高校の幼馴染みとともに捜査に乗り出す。だが盗まれたものは見つからず、事件の背後に暗躍する教師の影が。
「誰が?」ではなく「どうやって?」でもなく「何が(What?)盗まれたか?」を描く、傑作本格ミステリ誕生!

第一話 先生、記念に一枚いいですか
第二話 先生、待ち合わせはこちらです
第三話 先生、なくしたものはなんですか


北山 猛邦[キタヤマ タケクニ]
著・文・その他

内容説明

愛や勇気など、形のないものまで盗む伝説の怪盗・フェレス。その怪盗が、凪島のアートギャラリーに犯行後カードを残した!灯台守高校に入学した雪子は、探偵高校と怪盗高校の幼馴染みとともに調査に乗り出す。だが盗まれたものは見つからず、事件の背後に暗躍する教師の影が。「誰が?」ではなく「どうやって?」でもなく「何が盗まれたのか?」を描く、傑作本格ミステリ誕生!

著者等紹介

北山猛邦[キタヤマタケクニ]
1979年生まれ。2002年『「クロック城」殺人事件』で第24回メフィスト賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

144
連作短編集。何が盗まれたのかを捜査するという珍しさ。設定にSFが含まれているからトリックとか考えずに読むのがいいみたい。続くようですので次回も期待しています。2016/05/16

hnzwd

103
特徴ある3つの高校が集まる島を舞台にした、伝説の怪盗とそれを騙る事件についての短編集。盗む能力を特殊能力化して、何が盗まれたのか、をメインに置いているのは楽しい。ミステリでは優先度が下げられがちな所に焦点を当てるシリーズになるのでしょうか。。次は、"いつ"とか、"どこで"を巡るストーリーが。2016/05/02

ゆんこ姐さん@文豪かぶれなう

74
期待していた以上に面白い。盗みを見抜く力を持つ伝統の高校「灯台守」、犯罪を看破する探偵高校「御盾」、盗みを専門とする高校「黒印」。幼馴染のユキ、チトセ、シシマルは、それぞれ別の道を選んだが、タッグを組み、何を盗んだのか不明の怪盗フェレスという伝説の怪盗が残した怪盗カードの真相を探るため奔走する。ユキの持つケータイ灯は盗みに反応して輝く。怪しいのは灯台守の教師、ヨサリ。実は彼は怪盗フェレスだったのだが…。連作短編3話。どれも面白かった。ラストは先生の過去に触れていて、続刊も読むつもり。2016/05/11

もも

70
はじめましての北山さん。とある島には通称怪盗・探偵・灯台守の名を持つ3つの高校があり、灯台守高校に入学した女の子が主人公。彼らの住む島には形ないものまで盗んでしまう伝説の怪盗フェレスの存在があったーー。怪盗モノで「How」でもなく「Why」でもなく「What(何が)」が盗まれたのが主な命題になる話は珍しく感じました。話のテンポもよく、楽しく読めて良かった。飄々とした先生のキャラが好きなのです。気になって仕方ないのが先生の過去なのですが…。どうやら続くらしいので、楽しみに待っていようと思います。2016/07/25

周到&執拗

66
人口4万の凪島を支配する探偵派、怪盗派、灯し火派の3勢力。お互い異なる勢力に属しつつも幼なじみ同士な3人が手を結び、奇想天外なスペックの犯人を追うミステリ連作集。第一話は3つの空き部屋の謎。元々は4つの空き部屋だった、みたいなオチかなと想像していたら、超ブッ飛んだ解決で口あんぐり。OK、そういう世界観ね…。続く第二話は記憶喪失SF(シカゴ忘却や家族忘却のような)。第三話は館消失&多重入れかわりのサイコ・スリラー。やりたい放題w。友だち関係の活写と本格ミステリ的な手つきが、作品を荒唐無稽さから救っている。2016/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10770077

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。