講談社タイガ<br> レディ・ヴィクトリア―アンカー・ウォークの魔女たち

電子版価格 ¥759
  • 電書あり

講談社タイガ
レディ・ヴィクトリア―アンカー・ウォークの魔女たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940214
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

アルヴァストン伯爵家で行われた晩餐会の夜、「エトワール」と讃えられるダイヤモンドの耳飾りが片方だけ、忽然と消えた。スコットランド・ヤードも手を焼くその事件は、噂話には事欠かないヴィタ・アメリ・シーモア元子爵夫人に持ち込まれることに。天真爛漫なレディと笑顔ひとつ見せない美貌で有能なメイド。19世紀ロンドンを舞台に自由な女性たちの冒険が、はじまる!

著者等紹介

篠田真由美[シノダマユミ]
1953年、東京都本郷生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。専攻は東洋文化。91年『琥珀の城の殺人』が第二回鮎川哲也賞の最終候補となり、翌年、東京創元社より刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ヴィクトリア朝ロンドン。チェルシーに居を構える自由闊達なレディ・シーモアと無表情なメイド・シレーヌの冒険がはじまる!パーティーの最中、子爵令嬢の耳元から消えた「エトワール」と呼ばれるダイヤの耳飾り。その行方を知るため伯爵家からの使いとしてレディ・シーモアを訪ねた老メイド・パメラは、風変りな女主人に目を瞠る。アラブ風の白い寛衣に身を包んだ少女のようなレディは、まるで魔法のように耳飾り喪失事件を言い当てるのだが……。

第一章 チェルシーの妖精女王
第二章 消えたダイヤモンド
第三章 お向かいは謎だらけ
第四章 見えないファントム・レディ
第五章 我が主に仇なす者は
第六章 ロイヤル・アルバート・ホールの悪意
第七章 地獄の火倶楽部再臨
エピローグ/ロンドンへ!
あとがき
参考文献


篠田 真由美[シノダ マユミ]
著・文・その他