講談社タイガ<br> 晴追町には、ひまりさんがいる。―はじまりの春は犬を連れた人妻と

電子版価格 ¥759
  • 電書あり

講談社タイガ
晴追町には、ひまりさんがいる。―はじまりの春は犬を連れた人妻と

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940009
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

僕が出逢った人妻は、謎と笑顔が似合う人でした。「文学少女」シリーズの著者が描く、優しい町の幸せと不思議。心に傷を抱えた大学生の春近は、眠れない冬の日の深夜、公園に散歩に出かけた。「二月三日は、『不眠の日』です」。そこで彼に話しかけたのは、ひまわりのような笑顔を浮かべる、人妻のひまりさんだった。もふもふの白い毛並みのサモエド犬・有海さんを連れた彼女とともに、晴追町に起こる不思議な謎と、優しい人々と触れあううちに、春近はどんどんひまりさんに惹かれていき……。……。

はじまりの物語 眠れない春近が、犬を連れた人妻と朝を迎えること
第一話 大学のサークルに入会した春近と、そこで知り合った巴崎さんの愛情物語
第二話 幼稚園の怖くて大魔王な園長先生の話
第三話 春近の先輩の彼女が吸血鬼になった話
第四話 春近とひまりが、つかのま接近する話
そして、続いてゆく物語 春近が帰省し、有海さんが一晩だけ帰ってくる話
あとがき


野村 美月[ノムラ ミヅキ]
著・文・その他

内容説明

心に傷を抱えた大学生の春近は、眠れない冬の日の深夜、公園に散歩に出かけた。「二月三日は、『不眠の日』です」。そこで彼に話しかけたのは、ひまわりのような笑顔を浮かべる、人妻のひまりさんだった。もふもふの白い毛並みのサモエド犬・有海さんを連れた彼女とともに、晴追町に起こる不思議な謎と、優しい人々と触れあううちに、春近はどんどんひまりさんに惹かれていき…。

著者等紹介

野村美月[ノムラミズキ]
2001年、『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・えんため大賞)小説部門最優秀賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

74
これまで恋してきたのはいつも人妻だった大学生春近が、眠れなくて出かけた深夜の公園で白い毛並みのサモエド犬・有海さんを連れた人妻ひまりさんと出会う物語。旦那の有海さんを見かけたことはないけれど、そんな彼だけを想って飼い犬の有海さんと強く優しく生きているひまりさん。彼女との恋にはなかなか希望が見えてきませんが、歳上にしか恋愛感情を抱けない巴崎や先輩天馬と彼女の夜理子さん、強面園長小鳥遊といった晴追町の個性的な人たちとの、不器用だけれど心温まる優しいやりとりがとても良かったです。是非続編を期待したい作品ですね。2015/10/20

まりも

62
人妻にしか恋をしたことがない大学生・春近が、人妻のひまりさんと飼い犬・有海さんと出会うことで始まる物語。お相手は人妻という事で、ドロドロした感じなのかとビクビクしながら読み始めた訳ですが、ちょっと切なくて心が温まる良いお話でした。人ぬくもりのある交流だけじゃなく、ワンコ成分も豊富っていうのが良いですね。春近が少しずつ成長していく姿を感じれたのもグッド。何かふわっとした感じはしましたが、それも含めて野村先生らしい素敵な作品だったと思う。次巻があるなら、期待したいですね。2015/10/30

佐島楓

56
雰囲気が良い。まじめにずっこけているというか、登場人物が皆、真摯に生きているのにどこかずれており、そこがまた自然であるところに面白さを感じた。最後の季節になるまで、読んでみようと思う。2015/12/26

まんがオヤジ

53
面白かったです。 続きが気になる、登場人物が見たい。 巴崎笑麻ちゃんが琴吹ななせちゃん(文学少女)とダブってしまう。(自分だけかな)2016/01/04

Yobata

53
恋心を抱いた女性は常に人妻だった木村春近は、晴追町に一人暮らしを始めるも不眠が続き、夜中公園へ行くと有海さんという犬と散歩していたひまりさんと出会う。触れ合ううちに惹かれていくも彼女も人妻で…。野村美月さんの新作。大学生が夫の名前をつけた犬と暮らしてる人妻に恋するって「めぞん一刻」だなwそんなひまりさんに恋しちゃった春近だけど、ひまりさんの想い人は有海さんだけという…やはりなんとも切ないね。春近にとっては今傍にいるのは有海さんであって有海さんではない…けれどもひまりさんにとっては同じ有海さんなんだよね。→2015/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9848125

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。