講談社文庫<br> 七回死んだ男 (新装版)

個数:
電子版価格
¥792
  • 電書あり

講談社文庫
七回死んだ男 (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月21日 17時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062937665
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



西澤 保彦[ニシザワ ヤスヒコ]
著・文・その他

内容説明

高校生の久太郎は、同じ1日が繰り返し訪れる「反復落とし穴」に嵌まる特異体質を持つ。資産家の祖父は新年会で後継者を決めると言い出し、親族が揉めに揉める中、何者かに殺害されてしまう。祖父を救うため久太郎はあらゆる手を尽くすが―鮮やかな結末で読書界を驚愕させたSF本格ミステリの金字塔!

著者等紹介

西澤保彦[ニシザワヤスヒコ]
1960年高知県生まれ。米エカード大学創作法専修卒業後、高知大学助手などを経て執筆活動に入る。『聯殺』が第1回鮎川哲也賞の最終候補となり、’95年『解体諸因』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナルピーチ

235
不定期に発症する同じ日を何度も繰り返してしまう奇妙な体質、通称“反復落とし穴”を持った高校生“キュータロー”を主人公に起き、祖父が死んだ1日を描いた物語。キュータローは祖父の死を回避する事が出来るのか?!孤独な戦いが幕を開ける。特殊設定×本格ミステリ×パズルの要素が見事に融合。終局の大オチも頭をフル回転させて何とか理解し、その手があったのかとほくそ笑む。西澤先生、恐るべし作品を書いたものだ。笑えて推理して楽しめる良い一冊に大満足!!2021/01/11

キナコ

112
SF混じりのループミステリー作品。祖父が殺され、犯人と思われる人をループ毎に観察していくなかで犯人を見つけ出そうとする話。殺され方は一緒でも容疑者がどんどん変わっていく様はテンポがよく、ライトな文章なのもあってややコメディーチック。タイトルも面白く、主人公の苛立ちがわかる。後半に書けてのネタバレもクスリと笑える一冊。2023/05/01

鍵ちゃん

72
高校生の久太郎は、同じ1日が繰り返し訪れる「反復落とし穴亅に嵌る特異体質を持つ。資産家の祖父は新年会で後継者を決めると言い出し、親族が揉めに揉める中、何者かに殺害されてしまう。祖父を救うため久太郎はあらゆる手を尽くすが。途中までは面白かったが、最後の友理との会話で謎が解き明かされて行くほど、分からなくなってしまった。だけど、醜い相続争いは見ている方は面白いな。2023/01/31

オーウェン

67
タイトルの意味は同じ日を何度も繰り返しができる体質であり、資産家の遺産争いにキュータローは巻き込まれる。SFの設定をミステリに持ち込んで完全に成功した例。殺された富豪の原因を1日ごとに思案していき、なんとか殺人を防ごうと必死になるが、次々別の人間が殺人に関与しているかと思わせる。殺人の顛末がまた面白く、意外すぎる事実が突然現れる。殺人をいかに防ぐかということばかりに気を囚われていて、まったく予期していなかった。だから酔いつぶれたとか、全員服装が決まっているなどのエピソードが意味を持つことになるのだと。2021/05/16

三代目けんこと

67
コメディタッチでライトなドタバタミステリ。面白かった。2019/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12222031
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。