講談社文庫<br> 超高速!参勤交代 リターンズ

個数:
電子版価格 ¥577
  • 電書あり

講談社文庫
超高速!参勤交代 リターンズ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 01時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 410p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062934084
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

江戸へ五日以内の参勤は序章に過ぎなかった。東北の小藩に苛烈な難題が突きつけられる。「怪物」老中の魔の手から逃れられるのか?日本アカデミー賞最優秀脚本賞など数々の名誉に輝いた大ヒット映画の続編原作小説が文庫化! 前作では、巨悪の老中による5日以内に江戸へ参勤せよという難題を乗り越えた東北の弱小藩の面々に、帰りは2日で戻れとの命が下る。さらに江戸城天守の再建という途方もない沙汰まで加わり絶体絶命の窮地に陥る。知恵と勇気と馬力を武器に、奮闘する貧乏藩主とその藩士たちの運命はいかに?9月に公開決定の映画版原作。

序章
牛久
水戸
高萩
湯長谷


土橋 章宏[ドバシ アキヒロ]
著・文・その他

内容説明

「5日で参勤」の難題をやりきり、命じた老中の顔を潰した湯長谷藩の面面はのんびり帰路につくはずだった。そこへ老中が国許へ2日で戻り、さらに江戸城天守閣再建の沙汰を下す。絶体絶命の窮地に陥った藩主らは智恵を絞る。巨悪と対峙する痛快時代エンターテインメント。

著者等紹介

土橋章宏[ドバシアキヒロ]
1969年、大阪府生まれ。関西大学工学部卒業。2009年「スマイリング」で函館港イルミナシオン映画祭第13回シナリオ大賞グランプリ、「海煙」で第13回伊豆文学賞優秀作品賞、2011年「緋色のアーティクル」第3回TBS連ドラ・シナリオ大賞入選、「超高速!参勤交代」で第37回城戸賞受賞。2013年に小説『超高速!参勤交代』で作家デビュー。同名映画で第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、作品も第57回ブルーリボン賞に輝く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

322
『超高速!参勤交代』の第2弾!今回は湯長谷への帰りの話(行きは参勤、帰りは交代になるらしいね…知らなかった)今回は道中の一方で、留守居役のいる江戸での話もあり、物語はボリュームアップ!愉快!痛快!この上ないです。映画化もされるようで…(^^)ますます前作の映画が見たくなりました(^^;)それにしても憎まれっ子、世にはばかるとはよく言ったもので、老中はイヤな奴で、湯長谷藩の武士達ははかっこいい!ついついのめり込んでしまう作品です!時代小説には、なぜかGACKTをBGMにしてしまう(^^;)2016/07/10

た〜

169
琴姫さまの相変わらずの羞恥プレイ要員ぶりに、ご家老の相変わらずの奇策士ぶりに、雲隠(笑)の相変わらずの葛藤ぶりに、ご老中の相変わらずの腹黒ぶりに、お殿様の相変わらずの苦労人ぶりに、そして何より将軍様の最後の最後で美味しいところ持って行きぶりに、まとめて『笑!!!』2016/09/16

のり

158
湯長谷藩が無事に参勤を果たし、ゆるりと帰路につくはずが、失脚したはずの松平信祝の復権で、またしても窮地に。それにしても珍道中と言ってしまえば、困難だらけの政酵達に失礼だが、笑い所満載でもある。敵方には、柳生の手練れ達。正に死闘が繰り拡げられる。そこに大岡忠相までもが絡んでくる。政酵と咲の関係が似合いだし、琴姫の男気?溢れる強さと女心も和みの一つだった。相馬様、苦労が絶えませんね。お疲れ様。2016/12/31

佐々陽太朗(K.Tsubota)

152
前作に負けず劣らずの愉快痛快大活劇です。 この手の読み物に多いわかりきったパターンの展開ではある。つまり邪な者が権力を笠に着て真っ当に生きている弱者をいたぶる。この世には神も仏も正義もないのかと読者を散々嘆かせながら、知恵と勇気で最後に正義が勝つ。という良くあるパターンである。しかし、そうでありながら読み手を決して退屈させず最後に拍手喝采を送らせる手腕はすばらしい。土橋章宏氏、超売れっ子作家への道を超高速邁進中であります。2016/09/08

優希

150
まさに痛快、これに尽きますね。過酷な参勤交代に挑む弱小藩・湯長谷藩の人々のドタバタ劇といったところでしょうか。5日間という無茶な参勤を乗り越えたと思いきや、失脚したはずの悪徳老中・松平信祝の復権で、2日で交代という無理難題が襲いかかることによる珍道中。次々と困難が襲い、絶体絶命の危機に陥りますが、知恵と体力と勇敢さで何とか切り抜けるのに、何事にも屈しない姿勢を感じました。悪徳老中にも負けず、最後は勧善懲悪で締める。気持ちいいなぁ。完全なるエンタメ時代劇として楽しみました。2017/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11026967

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。