講談社学術文庫<br> テンプル騎士団

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
テンプル騎士団

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年03月21日 18時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062922715
  • NDC分類 230.45
  • Cコード C0122

内容説明

十二世紀初頭、十字軍の聖地奪還により誕生したテンプル騎士団。イェルサレムの防衛と巡礼者の守護を担う騎士、教皇に属し厳格な規律に生きる修道士、東西文化交流の媒介者、莫大な資産を有し王家をも経済的に支える財務機関。近代の国民国家や軍隊、多国籍企業の源流として後世に影響を与えた謎の軍事的修道会の実像に、文化社会学の視点から迫る。

目次

第1章 東征前夜(東征への呼びかけ;それまでの国際情勢 ほか)
第2章 十字軍の東征(奇襲の成功;十字軍に駆りたてたもの ほか)
第3章 近代的組織の発生(テンプル騎士団の創設;改革と革新 ほか)
第4章 テンプル騎士団の組織(テンプル騎士団会則;テンプル騎士団の最高幹部と装備 ほか)
第5章 栄光と壊滅(フィリップ美王の陰謀;国王と行政官僚 ほか)

著者等紹介

篠田雄次郎[シノダユウジロウ]
1928~1992年。上智大学、ケルン大学卒業。上智大学教授を務めた。専攻は文化社会学。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

聖地守護の騎士団にして東西交流の媒介者、そして近代的組織の先駆。中世に生まれた欧州最大・最強・最富の軍事的修道会の実像に迫る12世紀初頭、十字軍の聖地奪還により誕生したテンプル騎士団。イェルサレムの防衛と巡礼者の守護を担う騎士、教皇に属し厳格な規律に生きる修道士、東西文化交流の媒介者、莫大な資産を有し王家をも経済的に支える財務機関。近代の国民国家や軍隊、多国籍企業の源流として後世に影響を与えた謎の軍事的修道会の実像に、文化社会学の視点から迫る。

篠田 雄次郎[シノダ ユウジロウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件