講談社学術文庫
記号論〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 332p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062921947
  • NDC分類 801
  • Cコード C0110

内容説明

記号とは何か。諸研究の成果をふまえて基本概念・理論を体系化。慣習的な認知を前提に意味作用とコミュニケーションを可能にするコードの成立の過程と機能の範囲について分析する。言語、思想、芸術…文化の種々層が実は記号現象として捉えうることを示し、意味の生成・伝達にかかわるあらゆる現象を統合的に捉える方法を追究する、壮大な思索の軌跡。

目次

序論 文化の論理を求めて(記号理論の輪郭;「記号論」―研究分野なのか体系的学問なのか;コミュニケーションと意味作用 ほか)
第1章 意味作用とコミュニケーション(基礎的なコミュニケーション・モデル;体系とコード;構造としてのsコード ほか)
第2章 コードの理論(記号機能;表現と内容;表示と共示 ほか)

著者等紹介

エーコ,ウンベルト[エーコ,ウンベルト] [Eco,Umberto]
1932年生まれ。イタリアの記号論学者・小説家

池上嘉彦[イケガミヨシヒコ]
1934年京都市生まれ。東京大学大学院英語英文学科修了。Yale大学大学院言語学科Ph.D。昭和女子大特任教授、東京大学名誉教授。専攻は認知言語学(特に意味論)、記号論、詩学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『薔薇の名前』などの名作の背景にある、哲学、言語、そして芸術への思索と壮大な構想。記号を生産するという営みの核心を思考する!『薔薇の名前』の著者が問う「コードの理論」!
意味作用とコミュニケーションにかかわるあらゆる現象を統合的に捉える基本概念・理論をソシュール、パースを起点に体系化

記号とは何か。諸研究の成果をふまえて基本概念・理論を体系化。慣習的な認知を前提に意味作用とコミュニケーションを可能にするコードの成立の過程と機能の範囲について分析する。言語、思想、芸術……文化の種々層が実は記号現象として捉えうることを示し、意味の生成・伝達にかかわるあらゆる現象を統合的に捉える方法を追究する、壮大な思索の軌跡。

記号は固定化した記号論的存在物ではなく、いくつかの独立した要素(二つの異なる面の二つの異なる体系から由来し、コードによる相関関係に基いて合流する)の合流点なのである。もともと、記号などというものは存在せず、存在するのは記号機能だけなのである。……記号はコード化の規則により要素間に一時的な相関関係が成立する結果として暫定的に生じるものである。――<本書より>

※本書の原本は、1996年に岩波書店より刊行されました。

序論 文化の論理を求めて
第1章 意味作用とコミュニケーション
第2章 コードの理論


ウンベルト・エーコ[ウンベルト エーコ]
著・文・その他

池上 嘉彦[イケガミ ヨシヒコ]
翻訳