講談社+α新書<br> 戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊

個数:
電子版価格 ¥756
  • 電書あり

講談社+α新書
戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊

  • ウェブストアに56冊在庫がございます。(2018年04月21日 22時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062915069
  • NDC分類 302.22
  • Cコード C0295

内容説明

経済で考えると中国の人口は4億。北部が南部を支配する中国の構造。習近平が絶対に暗殺されないわけ。米価も農民工の賃金も上げぬ理由。共産党が都市住民だけ恐れるわけ。ソ連の失敗に学ばず3隻の空母を。日本の格差の原因は中国の農民工―中国3000年の歴史の必然…9億人の農民奴隷は2020年に蜂起する!

目次

序章 中国奥地の異様な風景(無人のマオタイ村を照らす照明;大物官僚ゆえの桁遺いの無駄遣い ほか)
第1章 九億の農民から搾取する四億の都市住民(来日しても都市住民が農民を搾取;日本の出稼ぎと中国農民工の違い ほか)
第2章 中国人民解放軍が世界一弱い理由(「よい人間は軍人にならない」;武装警察官学校の修学旅行では ほか)
第3章 田中角栄なき中国農民の悲劇(『だれが中国を養うのか?』の錯覚;朱鎔基首相で食料生産減少の背景 ほか)
第4章 アメリカへの挑戦が早めた崩壊(覇権国家が必ず行う行動とは;誰が大統領になっても中国と衝突 ほか)

著者等紹介

川島博之[カワシマヒロユキ]
1953年、東京都に生まれる。東京大学工学博士。東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。専門は、環境経済学、開発経済学。2011年には、行政刷新会議ワーキンググループ(提言型政策仕分け)の評価者を務める。1977年、東京水産大学卒業。1983年、東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得のうえ退学。東京大学生産技術研究所助手、農林水産省農業環境技術研究所主任研究官、ロンドン大学客員研究員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

20年以上も中国奥地の農村を研究し、途轍もない貧困を目撃した著者…9億人の貧農を競争力の落ちた4億人の都市住民は養えるのか?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件