講談社文芸文庫<br> 明日なき身

個数:
電子版価格 ¥1,562
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
明日なき身

  • 岡田 睦【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 講談社(2017/03発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 16時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062903394
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

妻に逃げられ、生活保護を受けながらも身勝手なダンディズムを貫いて生きる。下流老人社会を予見する、21世紀の老人文学。離婚を繰り返し、生活に困窮して生活保護と年金で生きる老人の日常の壮絶。高齢化社会を迎えた今、貧困のなかで私小説作家は、いかに生きるべきか……。下流老人の世界を赤裸々に描きつつも、不思議に悲愴感はない。自分勝手なダンディズムを貫き哀感とユーモアを滲ませる、二十一世紀の老人文学。

ムスカリ
ぼくの日常
明日なき身


解説  富岡幸一郎
略年譜・著書一覧


岡田 睦[オカダ ボク]
著・文・その他

内容説明

離婚を繰り返し、生活に困窮した作家、生活保護と年金で生きる老人の日常の壮絶。高齢化社会を迎えた今、貧困のなかで私小説作家は、いかに生きるべきか…。下流老人の世界を赤裸々に描きつつも、不思議に、悲愴感は感じられず自分勝手を貫く、二十一世紀の老人文学。

著者等紹介

岡田睦[オカダボク]
1932・1・18~。小説家。東京生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒。同人誌「作品・批評」の創刊に慶應の友人たちと携わる。1960年「夏休みの配当」で芥川賞候補。『群像』2010年3月号に「灯」を発表後、消息不明(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

きっち

9
岡田睦(おかだぼく)、1932年東京生まれ。慶応義塾大学文学部仏文科卒。1960年に「夏休みの配当」で芥川賞候補。3度目の妻と離婚後、生活に困窮し、生活保護を受けながら居所を転々とし、『群像』2010年3月号に「灯」を発表後、消息不明。全5編収録。冬、暖房器具のない部屋で暖をとろうと洟をかんだティッシュで焚火をして(!)ボヤ騒ぎを起こし、ついにはアパートを追い出されるまでを描いた「火」が凄いが、担ぎ込まれた施設での日常を淡々と描いた「灯」も鬼気迫る傑作。いわゆる下流老人の呟きなのだが不思議と悲壮感はない。2019/03/31

ソングライン

5
60代で妻と離婚した小説家の主人公は、うつ病を患い、生活保護を受けつつ、施設を転々とします。話をするのは意地の悪いケースワーカーと昔の友人。家族を失い、未来の幸せを想像することができず、やがて訪れるのは死。そんな状況で、わが身の日常を小説として書き続けるのは、生への執念のためなのでしょうか。2017/10/27

犬養三千代

3
私小説、老人文学などと括りたくはない一冊。最後の「灯」には、黒田壽郎、美代子夫妻 実名て登場する。それを淡々と描くと捉えるか虚勢、未練と捉えるか?2017/06/12

CEJZ_

3
1P16行。岡田睦、見たことも聞いたこともない作家だ。最初、名前の読み方もわからないし、氏名の漢字を見たとき、男なのか女なのかもわからなかった。経歴を見ると、2010年に作品を発表以降は消息不明とのこと。それは暗に生きているのか定かではないとのことか。生きていれば85才だが、どうだろう。私小説、生活保護、薬物摂取、貧困、生保ビジネスによる暮らしが窺えるが、悲愴感は少ない。故障した便所の対処など、むしろ面白い。いつか全集が出版されたら買いたい。これは3月に出た新刊だが、絶版になる前に大事にとっておく。2017/05/04

村山トカレフ

1
数年前、西村先生が今は亡き坪内祐三さんと「ダメ作家グランプリ」なるクソおもしろい対談をやった時にあがった作家が岡田睦。3度の結婚に同じ数の離婚。御仁、どうやら酒癖が悪かったやうだ。最後に失せた妻に家の権利を取られたため立ち退く羽目になり、ぼろアパートでのセイホ(生活保護の意:作中表記ママ)暮らしに。塵芥漂う空間で依頼原稿やゴーストライターの仕事をこなしつつ細々と私小説を書いた。帯には「私小説の極致」。2010年に「灯」を発表後に消息不明。1932年生まれだからご存命なら89歳か。解説に西村先生の名前アリ。2021/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11570707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。