講談社文芸文庫<br> 故人

電子版価格 ¥1,881
  • 電書あり

講談社文芸文庫
故人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062903141
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

自分を文学の世界に導いてくれた、兄のように慕う先輩作家が、原稿を郵便で出した帰途、トラックに轢かれ死んだ。理不尽な死を前に混乱、自失する家族や友人たち。青年は深い喪失感を抱えながら、社会との折り合いに惑い、生と死の意味を問い続ける。三四歳で早世した山川方夫の人生を、彼の最も近くで生きた著者が小説に刻んだ鎮魂の書。

第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
第七章
第八章
著者から読者へ
解説 若松英輔
年譜


坂上 弘[サカガミ ヒロシ]
著・文・その他

内容説明

自分を文学の世界に導いてくれた、兄のように慕う先輩作家が、原稿を郵便で出した帰途、トラックに轢かれ死んだ。理不尽な死を前に混乱、自失する家族や友人たち。青年は深い喪失感を抱えながら、社会との折り合いに惑い、生と死の意味を問い続ける。三四歳で早世した山川方夫の人生を、最も近くで生きた著者が小説に刻んだ鎮魂の書。

著者等紹介

坂上弘[サカガミヒロシ]
1936・2・13~。作家。東京生まれ。1954年、慶應義塾大学文学部哲学科入学。在学中、山川方夫の推輓で「三田文学」に「息子と恋人」を発表、芥川賞候補となる。56年から1年間、江藤淳と「三田文学」編集にあたる。59年「ある秋の出来事」で中央公論新人賞受賞。60年、理研光学工業(現・リコー)に入社し、会社員と作家の二足の草鞋を履く。77年、後藤明生、高井有一、古井由吉と同人誌「文体」創刊。81年『初めの愛』で芸術選奨新人賞、92年、『優しい碇泊地』で読売文学賞と芸術選奨文部大臣賞、同年『田園風景』で野間文芸賞、97年「台所」で川端賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

5
事故で早世した先輩作家・山川方夫をめぐる追想を中心に、著者の原点ともいうべき「三田文学」周辺の若き日々を描いているからといって、たんなる文壇マニア向けの私小説と思うなかれ。文学の道へと導いてくれた先輩の死にむきあいながら、仕事と文学の両立に悩む姿は、働くことに精一杯で、物事を深く考える余裕を失っていたころ読んで感銘を受けた、後年の名篇『眠らんかな』へと連なっている。会社勤めと文学のはざまでゆれる煩悶は、文学のかわりに、音楽やスポーツ、旅行など、思い思いに重ねあわせれば、とたんに切実さをおびてくるだろう。 2016/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10997726

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。