• ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
「現代の文学」月報集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 329p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062903103
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

出版社内容情報

1970年代前半、第一線の作家の代表作・名品を結集し、新時代の沃饒たる文学境域を提示した全集「現代の文学」。39巻に及ぶ全集購入者の特典として附された月報には、作家をよく知る書き手たちが、彼らの人間像と文学性をプライベートな眼差しで綴った多様な随筆を寄稿している。戦後派、第三の新人、内向の世代らが切磋する時代様相と、作家たちの知られざる横顔を堪能する月報集第4弾。

大江健三郎・月報(ドナルド・キーン・著)
三島由紀夫・月報(サイデンステッカー・著)
石原慎太郎・月報(江藤淳・著)
小田実・月報(大江健三郎・著)
野間宏・月報(坂本一亀・著)
大岡昇平・月報(丸谷才一・著)
高橋和巳・月報(埴谷雄高・著)
三浦哲郎・月報(井伏鱒二との対談)
後藤明生・月報(小島信夫・著)
ほか全66編


講談社文芸文庫[コウダンシャブンゲイブンコ]
編集

内容説明

一九七〇年代前半、第一線の作家の代表作・名品を結集し、新時代の沃饒たる文学境域を提示した全集「現代の文学」。三十九巻に及ぶ全集購入者の特典として附された月報には、作家をよく知る書き手たちが、彼らの人間像と文学性をプライベートな眼差しで綴った多様な随筆を寄稿している。戦後派、第三の新人、内向の世代らが切磋する時代様相と、作家たちの知られざる横顔を堪能する月報集第四弾。

目次

遠藤周作「遠藤君のこと」佐藤朔
大江健三郎「大江健三郎とワイセツ文学」ドナルド・キーン
高橋和巳「妄想、アナキズム、夜桜」埴谷雄高
安部公房「舞台での安部脚本」千田是也
倉橋由美子「倉橋さんに期待すること」湯浅芳子
福永武彦「福永さんのこと、装幀のこと」駒井哲郎
吉行淳之介「その孤影を愛す―吉行淳之介のこと」進藤純孝
江藤淳「気楽なことを」藤枝静男
野間宏「『真空地帯』のこと」坂本一亀
三島由紀夫「三島由紀夫と私」E・サイデンステッカー〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

チェアー

5
月報って作品を読んだ余韻を少しずつ冷ますためにある冊子だもんね。ここだけ取り上げて、というのは、普通の読者にはちときつい。本編なきよこくへんとでも言うのでしようか。二つほどいいなと思えるものはあったけど。2016/06/15

yoyogi kazuo

1
小島信夫についてのエッセイ(八木柊一郎)と小島信夫のエッセイ(後藤明生について)が読みたくて借りた。どちらも面白かった。2021/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10903205

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。