講談社文芸文庫<br> わが胸の底のここには

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

講談社文芸文庫
わが胸の底のここには

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年12月02日 06時10分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 451p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062902830
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

私は己れを語ろうと決意した。憎悪すべき己れの過去を――。著者の代表作ともいえる自伝的長編小説を、没後50年記念刊行。私は己れを語ろうと決意した。憎悪すべき己れの過去を。生きようとする生命の火を、情熱を燃え上がらせるために――。終戦直後から五年に亘り執筆した、著者の代表作ともいえる自伝的長編小説を初文庫化。没後50年記念刊行。

高見 順[タカミ ジュン]
著・文・その他

内容説明

私は己れを語ろうと決意した。憎悪すべき己れの過去を―。終戦直後に四〇歳を迎えた著者は、肉体の衰えと、あらゆる情熱の喪失に愕然とする。再び生命の火を燃やすため、過去の自分を苛酷なまでに暴き、白日の下に晒すのだ。出生の秘密を剔抉し、幼少期から旧制中学時代までを厳しい眼差しと筆圧で回想した自伝的小説の傑作。自己の精神形成を追求する、著者の代表作を初文庫化。

著者等紹介

高見順[タカミジュン]
1907・1・30~1965・8・17。小説家。福井県生まれ。1908年母とともに上京。24年第一高等学校に入学し、25年同人雑誌「廻転時代」を創刊する。27年東京帝国大学に入学し、28年左翼芸術同盟に参加。32年治安維持法違反により検挙される。35年から文筆業に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スノーマン

35
暗い話は嫌いではないけど、あまりにもウジウジと自己の意識を見つめ煮詰まりすぎているので、読んでいて疲れた…。幼いからといって誰もが無邪気ではなく計算したりプライドあったりして大変なんだよな…。私も変に小賢しい子供だったと思うけど、その時に空気読んだり周りに気を使ったりしてそのパワーを使い果たしたのか今は結構無神経(笑)それにしても、校長のあだ名が良かった。逆蛍のギャボ!(笑)ビカーンとその校長が浮かび上がるようだった。2016/02/09

みや

2
40歳を迎えて自身に訪れた「突然の老衰」への強い危機感に突き動かされ、奮起を期して出生から府立一中時代までの自己形成の軌跡を総括する自叙伝。文士らしく過去の自分の内心を抉り取り、時おり逡巡しつつも赤裸々に記していく。幼少期から思春期にかけての過剰な自意識や複雑な羞恥心は誰もが抱くものだろうが、著者のそれは質的にも量的にも尋常でなく、そのうえ自覚的・自嘲的であるところに特異さがある。読むほどに、懇切丁寧で破綻のない文章に生真面目さを感じるし、たまに現れるストレートな自慢話には愛おしさすら覚えた。2018/12/11

くまこ

1
時代は違っても子供の頃に考えていることは皆同じなのかなと思った。悲しさとおかしさが背中合わせになっているような感覚で、笑いながらも少し鼻がつーんとするようなそんな感じがした。創作も入っているのだろうが自己のさらけ出し方が潔くてこれこそが作家というものだと思った。2015/11/03

Wataru Nakazawa

0
高見順の浅草ものは読んだことがあるが、幼少年期を扱った本作は初読。どろどろと暗いが、一方で自分に対する矜恃もうかがえて素直に共感できない。と思っていたら高見順の娘の夫が文部科学大臣になった。2015/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9821984

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。