講談社文芸文庫<br> 転々私小説論

電子版価格 ¥1,463
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
転々私小説論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 280p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062901741
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

出版社内容情報

四作家を「葛西善蔵の妄想」「諧謔の宇野浩二」「飄逸の井伏鱒二」「飄飄太宰治」と題し、日本の私小説を新たな視点から語った作品。

四作家を「葛西善蔵の妄想」「諧謔の宇野浩二」「飄逸の井伏鱒二」「飄飄太宰治」と題し、日本の私小説を新たな視点から語った作品。

内容説明

仏文学が専門の学者・評論家であり、遊びや風俗から日本文化を独自に見つめていた多田道太郎は、私小説をこよなく愛していた。孤高の域にある、その語り口は軽妙且つ深遠で、「葛西善蔵の妄想」「諧謔の宇野浩二」「飄逸の井伏鱒二」「飄飄太宰治」と題された圧巻の文学評論四篇は日本の私小説の真髄に迫る。

目次

葛西善蔵の妄想
諧謔の宇野浩二
飄逸の井伏鱒二
飄飄太宰治

著者等紹介

多田道太郎[タダミチタロウ]
1924・12・2~2007・12・2。学者。評論家。京都府生まれ。東京帝国大学を中退し、京都大学文学部卒業後、京都大学教授などを歴任。ボードレールの研究が専門であるが、遊びや風俗から日本の文化を見つめなおした功績も大きい。また、日本小説を読む会を設立し、多大な影響を与えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。