講談社現代新書<br> 不屈の棋士

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

講談社現代新書
不屈の棋士

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月17日 06時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 318p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062883788
  • NDC分類 796
  • Cコード C0295

内容説明

人工知能の「強手」を受けた棋士が繰り出す、局面打開の「勝負手」とは?約1000年もの間、日本人に親しまれてきた将棋。400年の歴史を有するプロ制度。由緒ある誇り高き天才集団は、はたしてこのまま将棋ソフトという新参者に屈してしまうのだろうか。劣勢に立たされ、窮地に追い込まれた彼らはいま、何を考え、どう対処し、どんな未来を描いているのか。現状に強い危機感を抱き、未来を真剣に模索する11人の棋士たちの言葉は、人工知能の発達によってコンピュータに仕事を奪われかねない私たちに、新たな視点をもたらしてくれるはずだ。

目次

序章 窮地に立たされた誇り高き天才集団
第1章 現役最強棋士の自負と憂鬱
第2章 先駆者としての棋士の視点
第3章 コンピュータに敗れた棋士の告白
第4章 人工知能との対決を恐れない棋士
第5章 将棋ソフトに背を向ける棋士

著者等紹介

大川慎太郎[オオカワシンタロウ]
1976年静岡県生まれ。日本大学法学部新聞学科卒業後、出版社勤務を経てフリーに。2006年より将棋界で観戦記者として活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

羽生善治は将棋ソフトより強いのか? 渡辺明はなぜ叡王戦に出ないのか? 人工知能に追い詰められた棋士たちが明かす覚悟と矜持。羽生善治は将棋ソフトより強いのか。

渡辺明はなぜ叡王戦に出ないのか。

最強集団・将棋連盟を揺るがせた「衝撃」の出来事、
電王戦でポナンザに屈した棋士の「告白」とは。

気鋭の観戦記者が、
「将棋指し」11人にロングインタビューを敢行。

ここまで棋士たちが本音を明かしたことはなかった!

由緒ある誇り高き天才集団は、はたしてこのまま、
将棋ソフトという新参者に屈してしまうのか。

劣勢に立たされ、窮地に追い込まれた彼らはいま、
何を考え、どう対処し、どんな未来を描いているのか。

プロとしての覚悟と意地、将来の不安と葛藤……。

現状に強い危機感を抱き、未来を真剣に模索する
棋士たちの「実像」に迫った、渾身の証言集。

------------------------------
◆本書のおもな内容◆

序章 窮地に立たされた誇り高き天才集団

第1章 現役最強棋士の自負と憂鬱
◆羽生善治 : 何の将棋ソフトを使っているかは言いません
◆渡辺 明 : コンピュータと指すためにプロになったのではない

第2章 先駆者としての棋士の視点
◆勝又清和 : 羽生さんがいきなり負けるのは見たくない
◆西尾 明 : チェス界の現状から読み解く将棋の近未来
◆千田翔太 : 試行錯誤の末に見出した「棋力向上」の道

第3章 コンピュータに敗れた棋士の告白
◆山崎隆之 : 勝負の平等性が薄れた将棋界に感じる寂しさ
◆村山慈明 : 効率を優先させた先にあるものへの不安

第4章 人工知能との対決を恐れない棋士
◆森内俊之 : 得られるものと失うものの狭間で
◆糸谷哲郎 : ソフトの「ハチャメチャ」な序盤にどう慣れるか

第5章 将棋ソフトに背を向ける棋士
◆佐藤康光 : 将棋はそれほど簡単ではない
◆行方尚史 : 自分が描いている理想の棋士像とのズレ

序 章 窮地に立たされた誇り高き天才集団
棋士の収入/将棋のはじまりと状況の変遷/奨励会と“産児制限”/コンピュータ将棋の歴史/忍び寄る脅威/結局「どっちが強いのか」/頼ることへの違和感と不安/不屈の棋士たち
第1章 現役最強棋士の自負と憂鬱
◆羽生善治 : 何の将棋ソフトを使っているかは言いません
なぜエントリーしなかったのか/ソフトの将棋は異質/プロセスがわからないと学びようがない ほか
◆渡辺明 : コンピュータと指すためにプロになったのではない
ソフトの弱点を探るほど暇じゃない/使う人間の頭の良さが問われる/行きつく先は「でたらめな将棋」? ほか
第2章 先駆者としての棋士の視点
◆勝又清和 : 羽生さんがいきなり負けるのは見たくない
羽生は別格/プロ棋士の「無知の知」/棋士の個性と説明責任 ほか
◆西尾明 : チェス界の現状から読み解く将棋の近未来
棋士と学歴/電王戦の参謀/チェス界のいま ほか
◆千田翔太 : 試行錯誤の末に見出した「棋力向上」の道
「事実上ソフトは棋士を超えた」/人間の弱点/研究会ではわからないこと ほか
第3章 コンピュータに敗れた棋士の告白
◆山崎隆之 : 勝負の平等性が薄れた将棋界に感じる寂しさ
幹部候補生優遇という不平等/ヘッドギアをつけて試合をしている感じ ほか
◆村山慈明 : 効率を優先させた先にあるものへの不安
ソフト研究で覚えた葛藤/「それは人間の手ですか?」/羽生の頓死に興奮 ほか
第4章 人工知能との対決を恐れない棋士
◆森内俊之 : 得られるものと失うものの狭間で
ソフトの貸し出しは必要ない/ソフトと指しても楽しくない ほか
◆糸谷哲郎 : ソフトの「ハチャメチャ」な序盤にどう慣れるか
人間は中・終盤で必ず間違える/対局の時間配分が変わってきた ほか
第5章 将棋ソフトに背を向ける棋士
◆佐藤康光 : 将棋はそれほど簡単ではない
ソフトの力は借りない/衝撃の敗戦 ほか
◆行方尚史 : 自分が描いている理想の棋士像とのズレ
「ここまで勝てないものなのか」/ソフトの影に脅えながら/プロとしての矜持 ほか


大川 慎太郎[オオカワ シンタロウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件