講談社現代新書<br> 野心のすすめ

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

講談社現代新書
野心のすすめ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月29日 09時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 196p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062882019
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0236

出版社内容情報

“高望み”で、人生は変わる。駆け上がってきた時代を振り返りつつ、人生は何度でもリセットできることを説く、著者初の人生論新書。「有名になりたい」「作家になりたい」「結婚したい」「子どもが欲しい」
――無理と言われた願望をすべて叶えてきた人気作家による「夢を実現させるヒント」。

「やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、
やらなかったことの後悔は日々大きくなる」をモットーとする作家・林真理子。
中学時代はいじめられっ子、その後もずっと怠け者だった自分が、
なぜ強い野心を持つ人間になったのか。
全敗した就職試験、電気コタツで震えたどん底時代を経て、
『ルンルンを買っておうちに帰ろう』での鮮烈なデビュー、その後のバッシングを振り返り、
野心まる出しだった過去の自分に少し赤面しながらも、“低め安定”の世の中にあえて「野心」の必要性を説く。
----------------------------------------------------------------------
<目次>
第一章  野心が足りない
屈辱感は野心の入り口/無知の知/「テクノルック」で糸井さんに突撃/
若い作家が消えてしまう理由/「一生ユニクロと松屋でオッケーじゃん」  ほか

第二章 野心のモチベーション
友人同士の「タイタニック」格差/ファーストクラス入門/
自分に投資すると「人気」がついてくる/野心と強運の不思議な関係 ほか

第三章 野心の履歴書
不採用通知の束を宝物に/「新規まき直し」作戦/
小さな成功体験を大切にする/「マイジャー」ではなく「メジャー」/
カリスマ編集者・見城徹氏の登場/スランプ――霧の中の十年 ほか

第四章 野心と女の一生
ママチャリの罪/“絶対安全専業主婦”の存在/オス度の高い男性ほど美しいメスを選ぶ/
自己完結の「美魔女」、美人の有効利用「女子アナ」/女性経営者の野心のバネは「悔しさ」/
働く女性がウサギからトラへと変わる時/いま振り返る「アグネス論争」 ほか

第五章 野心の幸福論
欲望の「大食漢」/「妄想力」が野心のバネになる/「止まっている不幸」の恐ろしさ/
野心の日常的な心得とは/野心という山登り

第一章  野心が足りない
屈辱感は野心の入り口/無知の知/やってしまった後悔、やらなかった後悔/
「テクノルック」で糸井さんに突撃/若い作家が消えてしまう理由/
「一生ユニクロと松屋でオッケーじゃん」  ほか
第二章 野心のモチベーション
友人同士の「タイタニック」格差/糸井さんや仲畑さんの超一流オーラ/ファーストクラス入門/
「いったい、あなたは誰!?」/自分に投資すると「人気」がついてくる/野心と強運の不思議な関係 ほか
第三章 野心の履歴書
不採用通知の束を宝物に/いじめられっ子だった中学時代/「新規まき直し」作戦/
電気コタツで泣いた、どん底時代/小さな成功体験を大切にする/「マイジャー」ではなく「メジャー」/
激しいバッシングの日々/作家になりたい!/カリスマ編集者・見城徹氏の登場/スランプ――霧の中の十年 ほか
第四章 野心と女の一生
ママチャリの罪/“絶対安全専業主婦”の存在/子育てと仕事の両立/
オス度の高い男性ほど美しいメスを選ぶ/自己完結の「美魔女」、美人の有効利用「女子アナ」/
コスプレに見える女性政治家/女性経営者の野心のバネは「悔しさ」/
ユーミンと聖子の野心を考える/働く女性がウサギからトラへと変わる時/いま振り返る「アグネス論争」 ほか
第五章 野心の幸福論
欲望の「大食漢」/「妄想力」が野心のバネになる/「止まっている不幸」の恐ろしさ/
野心の日常的な心得とは/野心という山登り


林 真理子[ハヤシ マリコ]
著・文・その他

内容説明

四十数戦全敗に終わった就職試験、お金、コネ、資格、美貌…ないない尽くしのどん底からどうやって階段を上っていったのか。林真理子初の人生論新書。

目次

第1章 野心が足りない(屈辱感は野心の入り口;無知の知 ほか)
第2章 野心のモチベーション(友人同士の「タイタニック」格差;糸井さんや仲畑さんの超一流オーラ ほか)
第3章 野心の履歴書(不採用通知の束を宝物に;いじめられっ子だった中学時代 ほか)
第4章 野心と女の一生(ママチャリの罪;“絶対安全専業主婦”の存在 ほか)
第5章 野心の幸福論(欲望の「大食漢」;「妄想力」が野心のバネになる ほか)

著者等紹介

林真理子[ハヤシマリコ]
1954年山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒。82年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。86年『最終便に間に合えば/京都まで』で第九四回直木賞を受賞。95年『白蓮れんれん』で第八回柴田錬三郎賞を、98年『みんなの秘密』で第三二回吉川英治文学賞を受賞。小説のみならず、週刊文春やan・anの長期連載エッセイでも変わらぬ人気を誇っている。直木賞など数多くの文学賞で選考委員を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

327
著者の本を始めて読んだが非常にストイックな人だなと思った。中々私も合わせて今時の若い人はそんな生き方が出来ていないなぁと実感した。2013/04/26

morinokazedayori

291
★★★★いい意味での「野心」は向上心の元となり、努力を続けるためのエネルギーとなる。自分が何を求めているのか自分と対話し、野心をもって日々成長することのよさを説く。また、子育てや仕事に追われつつもエネルギッシュに生きる、様々な野心家の女性の生き方が紹介されている。ありのままを認めて物事に執着しない、穏やかな生き方を説く本とは正反対。久々のギラギラした本で、エネルギーを注入できた。女性の生き方の部分は特に、結婚や就職前の若い世代にお薦め。どういう一生を送りたいか考える、よいヒントになりそう。2016/05/30

みゃーこ

189
もう…昔から叩かれるだけあってすごいよね。ミーハーだし、ある種現実的だし、迫力あるキャラだな~と思うけど、ムッとする部分もあるけど、最近、このぐらいハードな本音トークがいいわ。何かを読んだって気がするし、何かを考えさせられた、って感じがする。最初は自慢話か、と思うのだが、それも退屈させないまま後半の肝心のメッセージ、「世の女よ、大志を抱け!」と。野心の方向が大衆思考だ。「金」「容姿」「一流」「金持ち男」など…幸せの定義に斬新さはないまま。2013/08/26

ミカママ

149
話題作なんですね。デビューのころから彼女の作品はほぼ読破している私には、ちょっと焼き直し感強かったかな。講演で真理子さん本人が聴衆に直接語りかけている口調なのが売れている原因かも。若い人は本を読まないらしいので。そして内容もまさに若い世代へのはっぱかけ。ただし、真理子さんがのし上がった当時とは時代が違うので、今の若い人がこれを真似しても・・・という気も。でも、上を向いて努力を続けるのは大事なことです、若いみなさん。2013/08/17

扉のこちら側

139
初読。仕事で毎日疲れているけれど、何か燃え足りない気がしていた。やる気が足りないのだ、私には。2013/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6520373
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。