講談社現代新書<br> わかりやすく「伝える」技術

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

講談社現代新書
わかりやすく「伝える」技術

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2022年08月16日 00時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062880039
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0276

出版社内容情報

会議やプレゼンの前に必読!人気筆者による入門書 フリップの発想でパワポづくり、原稿は引き算で見直す、聞き手の注意はこう引きつける、名司会者に間を学ぶ──など、「テレビ的発想の説明術」を体験から伝授する。

第1章 まず「話の地図」を相手に示そう
話にはリードをつける/内容整理のポイントは「対象化」(見える化)だ/「階層化」で話の柱や枝を作る…
第2章 相手のことを考えるということ
社会部時代の記者リポートで考えた/映像を意識して原稿を書く/最初はみんな同じレベル…
第3章 わかりやすい図解とは何か
短い文にすれば文章がうまくなる/毎日ニュースの図解を考えていた/「在宅起訴って何ですか?」…
第3章 図解してから原稿を書き直す
どれだけ「ノイズ」をカットできるか/模型をもとに原稿を作り直す/パワーポイントの作り方…
第5章 実践編 3分間プレゼンの基本
数字のデータは身近な表現に/どの要素をパワポにするか/3分間を時間配分するとしたら…
第6章 空気を読むこと、予想を裏切ること
しゃべりのうまいタレントとは/自分の持ち味を再発見した/独立して学んだこと…
第7章「わかりやすく伝える」ためのコツ
「3の魔術」を活用しよう/冒頭の「つかみ」に最後に戻る/笑いは潤滑油…
第8章「日本語力」を磨く
使いたくない言葉/マジックワードもある/キーワード力をつけよう…
第9章 「声の出し方」「話し方」は独学でも
腹で声を出せば腹が据わる/口を大きく開けよう/日本語の発声の基本は「あいうえお」…
第10章 日頃からできる「わかりやすさ」のトレーニング
私の勉強法・情報収集術/「わかりやすい話し方」の自己トレーニング…


池上 彰[イケガミ アキラ]
著・文・その他

内容説明

テレビの現場で培ったノウハウをすべて公開。

目次

第1章 まず「話の地図」を相手に示そう
第2章 相手のことを考えるということ
第3章 わかりやすい図解とは何か
第4章 図解してから原稿を書き直す
第5章 実践編 三分間プレゼンの基本
第6章 空気を読むこと、予想を裏切ること
第7章 すぐ応用できるわかりやすく「伝える」ためのコツ
第8章 「日本語力」を磨く
第9章 「声の出し方」「話し方」は独学でも
第10章 日頃からできる「わかりやすさ」のトレーニング

著者等紹介

池上彰[イケガミアキラ]
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年、NHK入局。2005年まで三二年間、報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当する。1994年から一一年間は、「週刊こどもニュース」のお父さん役を務めた。現在は、フリージャーナリストとして多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

127
自分の言いたいことを他の人に分かりやすく伝えるのは、社会で生活していく上で、一番大切だと思う。そのコツを池上さんが、柔らかな語り口で明快に伝授してくれる。本当に素晴らしい内容で読んで良かったと思うし、繰り返し読みたい。テレビの世界で働きながら、テレビの伝統的な手法に安住せずに、分かりやすく伝えることにこだわった結晶が、この本なのだろう。「つかみを工夫する」、「空気を読むこと、予想を裏切ること」、「三の魔術など」など実際の仕事で使える知恵のつまった名著。2016/06/19

みゃーこ

66
成長のために現実を徹底して直視することを基礎にした池上さんの「伝える」技術のノウハウがこの一冊の中に一般的には考えたこともない新しいツールや発見や気づきなどが凝縮されている。日常的に他人に分かりやすく伝えるにはどうしたらいいのか実践し試行錯誤を繰り返してきた池上さによる悟りに近い境地、極められた哲学はやはりおもしろい。そして相変わらずシニカルな視点も笑わされる。2015/03/01

けぴ

40
池上さんの上手いプレゼンテーションをするための極意を記した書籍。パワーポイントでは情報を詰めすぎない。キーワードのみ書くと聴衆は文字を追う代わりに演者の話す言葉に集中する。話す言葉は簡潔に。接続詞を外しても論理が破綻していないか検証すると良い。10年前の著者ですが大事なことは普遍的です。2019/04/24

著者の生き様を学ぶ庵さん

40
NHKの駆け出し記者時代からキャスター・スーパー解説者の現在まで、筆者がどのような工夫で分かりやすい報道・文章・番組・講演を築いてきたかが分かります。良くも悪くもテレビの中で生きてきた筆者ですので、「見せる解説」に拘っています。プレゼンや解説は本当に上手ですね。あやかりたい。2016/11/04

たか

39
プレゼンの良い勉強になった。流石は池上彰。B評価2018/06/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/564810

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。