講談社現代新書
金正日(キム・ジョンイル)の正体

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062879538
  • NDC分類 312.21
  • Cコード C0295

内容説明

「死亡説」は本当か?「影武者」はいるのか?「後継者問題」のゆくえは?北朝鮮最大の謎に迫る。

目次

序章 情報学のすすめ―記者の取材、学者の理論
証言1 「平壌は集団指導体制」
証言2 「私は、将軍様の『そっくりさん』に会った」
証言3 「クーデター事件がダブルを必要とした」
証言4 「将軍様は八二年から東京に遊びに来ていた」
証言5 「将軍様は、車椅子を使っていた」
証言6 「声紋が違う」
証言7 「私の金正日物語」
終章 「死亡説」「影武者説」「後継者問題」を検証

著者等紹介

重村智計[シゲムラトシミツ]
1945年、中国に生まれる。早稲田大学卒業。1971年に毎日新聞社に入社、1979年から85年までソウル特派員として、北朝鮮一辺倒だった日本の朝鮮半島報道の流れを変える。1989年から94年のワシントン特派員時代には、米朝核交渉で数々の国際スクープを報じる。この間、高麗大学大学院、スタンフォード大学へ留学。帰国後毎日新聞論説委員を経て、早稲田大学国際教養学部教授。テレビのコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

判型:新書判
頁数:240p
造本・体裁:仮製・薄表紙・カバー

金正日の死亡説・影武者説の謎を検証する!

「将軍様は車椅子生活」「糖尿病が悪化し死亡している」亡命をした金正日のファミリーが証言を始めている。公に姿を見せる将軍様は影武者だという噂の真相に迫る