講談社青い鳥文庫<br> たのしいムーミン一家 (新装版)

個数:

講談社青い鳥文庫
たのしいムーミン一家 (新装版)

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年04月19日 20時42分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062854207
  • NDC分類 K949
  • Cコード C8297

出版社内容情報

青い鳥文庫のムーミン童話、新装版! ムーミンたちが「魔法のぼうし」を手に入れて!? 角野栄子の巻末エッセイつき。2014年トーベ・ヤンソン生誕100周年!
青い鳥文庫ムーミンシリーズが新装版で登場!!
長い冬眠からさめたムーミン谷の愛すべきなかまたちが、海べりの山の頂上で、黒いぼうしをみつける。だが、それは「魔法のぼうし」だったために、つぎつぎにおかしな大事件が……。
フィンランドのアンデルセン賞受賞作家、トーベ・ヤンソンが描く、詩情あふれるファンタジー。
角野栄子の巻末エッセイつき。

トーベ・ヤンソン[トーベ ヤンソン]
著・文・その他

山室 静[ヤマムロ シズカ]
翻訳

内容説明

ムーミン谷の春。冬眠から目をさましたムーミントロールたちは、山のてっぺんで、まっ黒なぼうしを発見。それは、中に入れたもののかたちを変える、飛行おにの魔法のぼうしでした。卵のからは、ふわふわの雲に、ムーミントロールは、見たこともない、へんなすがたに!つぎつぎとおかしな事件がおこって、ムーミン一家は大さわぎ!角野栄子先生の巻末エッセイ付き。小学中級から。

著者等紹介

ヤンソン,トーベ[ヤンソン,トーベ] [Jansson,Tove]
画家・作家。1914年8月9日フィンランドの首都ヘルシンキに生まれる。父は彫刻家、母は画家という芸術家一家に育ち、15歳のころには、挿絵画家としての仕事をはじめた。ストックホルムとパリで絵を学び、1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界じゅうで評判に。1966年国際アンデルセン大賞、1984年フィンランド国家文学賞受賞。2001年6月逝去

山室静[ヤマムロシズカ]
文芸評論家・翻訳家。1906年鳥取県鳥取市生まれ。岩波書店につとめながら夜間大学で学び、のち、東北大学文学部美学科卒業。日本女子大学教授などをつとめる。北欧神話・北欧文学に造詣が深く、ムーミン童話をはじめ、たくさんの翻訳をのこした。著書に『アンデルセンの生涯』(毎日出版文化賞受賞)など多数。2000年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

♪みどりpiyopiyo♪

37
「心配するなよ。きっとぼくたち、すばらしいゆめを見るぜ。そうして、こんど目がさめたときには、もう春になっているんだからね」 ■穏やかなムーミン谷のお話を読みました。ムーミン達は、誰とも親しく分け隔てなく付き合います。突然の来客も当たり前のようにもてなして。そして、どんなに親しく愛おしくても、個が個であることを尊重し、寂しさを良きものと捉え、互いの違いや過ごし方を受け入れ合っています。■解説によれば、それはフィンランド人に共通する価値観だとか。そんな風に生きたいです ( ' ᵕ ' ) (1948年)(→続2019/04/27

yohiiiidayo

18
ムーミンシリーズ2巻目読了。いろいろなキャラクターが登場。みんな、独特で面白いです。優しく愉快な場面も多いですが、ドライでサバサバしたところがチラホラ。こういった所も、広く、長く読まれている理由なのかも、そんなことを思いました。2016/12/23

前田詩織

17
ムーミンの世界に行ってみたいな~( *´艸`)きっと毎日がゆったりとしていてまるで別の世界に来たみたいなんだろうな~( *´艸`)2016/06/26

はるき

17
図書館で新装版を発見。新装版が出ることが嬉しいし、解説が角野栄子さんなんて凄すぎる。ベテランなのであろうる話なんだが(もしかして同世代?)ヤンソンとの対談とか・・・・。掲載雑誌の記事を読みたい読みたい超読みたい!!幼少時に人形劇で見たそのままの展開に懐かしいやら切ないやら。ムーミン大好きだ。2015/05/23

スズコ(梵我一如)

16
初めてムーミンの王道版を読みました。ああ確かにこんなにファンタジーで冒険心に富んでいたら、世界の心を鷲掴みだなと納得。登場するキャラの豊かさと世界観の完成度の高さが、ムーミンの世界を面白く、そして堅固に守っているのだなと思いました。しかし、しかし、本当に突然、凄く残酷なことをサラリと言いますよね。みんなに優しく、仲良く、の美しい世界ではないの。どちらかと言うと、本音の残酷さもポロリポロリと剥き出しで、牙をむくので、ヒヤリともしました。ムーミン恐るべし。これが生きることだと伝えたかったのだろうか。2016/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7991664
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。