講談社の翻訳絵本<br> もしもママとはぐれたら…

個数:

講談社の翻訳絵本
もしもママとはぐれたら…

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 24p/高さ 18X25cm
  • 商品コード 9784062830041
  • NDC分類 E

内容説明

子ぞうのクレオはママがだいすき。でも、もしもママとはぐれたら…!?あまえんぼうのクレオとおっとりママのやりとりがほほえましい、“ママとぼく”のラブストーリー。

著者紹介

ノラック,カール[ノラック,カール][Norac,Carl]
1960年ベルギー生まれ。大学でフランス語教師を務めるかたわら、まんがや映画の脚本を書いたり、詩や動画の創作をするなど幅広い活動を行う。1986年に児童文学の分野でデビュー。1996年モントレイユの児童書展において『Les Mots Doux』でLivrimages賞を受賞。現在はオルレアン近くのオリベに住む

ピヌール,カトリーヌ[ピヌール,カトリーヌ][Pineur,Catherine]
1969年ベルギー生まれ。イラストレーター。リエージュのサン・リュック校とストラスブールの装飾美術学校でイラストを学ぶ。ボローニャ国際ブックフェア、東京の板橋区立美術館、ヨーロッパのいくつかのギャラリーなどで展覧会を開催。ベルギーの田舎で、牛、にわとり、ガチョウに囲まれながら、2人の子どもとともに暮らしている

石津ちひろ[イシズチヒロ]
1953年愛媛県生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒。3年間のフランス滞在を経て、絵本作家、翻訳家として活躍中。『なぞなぞのたび』(フレーベル館)で1999年にボローニャ児童図書展絵本賞、『あしたうちにねこがくるの』(小社)で2001年に日本絵本賞を受賞。人気シリーズ「リサとガスパール」(ブロンズ新社)の翻訳者としても有名。東京在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)