• ポイントキャンペーン

大清帝国と中華の混迷

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 374p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062807173
  • NDC分類 209
  • Cコード C0322

内容説明

北東アジアの雄・ヌルハチ率いる満洲人の国家は、長城を越えて漢人を圧倒し、未曾有の大版図を実現した。「中華の文明」ではなく、チベット仏教に支えられた、輝ける「内陸アジアの帝国」が抱え込んだ苦悩とは。「近代東アジア」と「中華民族」はいかに創り出されたか。

目次

序章 「東アジア」を疑う
第1章 華夷思想から明帝国へ
第2章 内陸アジアの帝国
第3章 盛世の闇
第4章 さまよえる儒学者と聖なる武力
第5章 円明園の黙示録
第6章 春帆楼への茨の道
終章 未完の清末新政

著者等紹介

平野聡[ヒラノサトシ]
1970年、横浜市生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。東京大学大学院法学政治学研究科准教授。博士(法学)。専門はアジア政治外交史。博士論文を出版した『清帝国とチベット問題』(名古屋大学出版会)で、2004年にサントリー学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「漢字と儒学」は中国を統一できなかった
乾隆帝の巨大な遺産が今もこの国を悩ませている

北東アジアの雄・ヌルハチ率いる満洲人の国家は、長城を越えて漢人を圧倒し、未曾有の大版図を実現した。「中華の文明」ではなく、チベット仏教に支えられた、輝ける「内陸アジアの帝国」が抱え込んだ苦悩とは。「近代東アジア」と「中華民族」はいかに創り出されたか。

■満洲の雄・ヌルハチが草創し、辛亥革命に倒れた大帝国の輝きと崩壊!
現在の中華人民共和国の広大な国土は、大清帝国に由来しています。では、この大領域を「北方の異民族」がいかにして手に入れ、維持したのでしょうか。また、漢人たちはこの「異民族支配」にどう対応したのでしょうか。康熙帝・雍正帝・乾隆帝の最盛期から、アヘン戦争・日清戦争をへて、ラストエンペラー・溥儀、西太后、李鴻章、孫文らが登場する清末まで、栄光と苦闘の270年を描きます。

■「巨大な中国」を実現したのは、「中華文明」ではなく、チベット仏教だった!
清は「東アジアの帝国」であるより先に、「内陸アジアの帝国」でした。そして、彼らがチベットやモンゴル、さらに今日の新疆ウイグル自治区を治めた原理は、「漢字と儒学」に代表される「中華文明」や「中華思想(華夷思想)」ではなかったのです。従来の中国史や現代中国論では見落とされがちだった、いまの中国が抱える「最大の矛盾」を、歴史的に解き明かします。

■「万里長城」「天安門」が象徴する歴史の真実とは? 「現代中国」を見る眼が変わる!
台湾、琉球、朝鮮、そして日本――。清代末期の混乱のなかで「東アジア」の国々は何を共有し、何を争ってきたのでしょうか。そもそも「東アジア」という地域イメージは、共有することができるのでしょうか。春節に賑わう横浜中華街を皮切りに、旧満洲、承徳、敦煌、ラサ、ソウル、台北など、各地を訪ね歩いた著者・平野氏は「清末の諸課題は、未だに解決されていない」と述べています。



序章 「東アジア」を疑う
第1章 華夷思想から明帝国へ
第2章 内陸アジアの帝国
第3章 盛世の闇
第4章 さまよえる儒学者と聖なる武力
第5章 円明園の黙示録
第6章 春帆楼への茨の道
終章 未完の清末新政


平野 聡[ヒラノ サトシ]
著・文・その他