講談社文庫<br> 花筏―谷崎潤一郎・松子 たゆたう記

個数:
電子版価格 ¥918
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
花筏―谷崎潤一郎・松子 たゆたう記

  • 鳥越 碧【著】
  • 価格 ¥918(本体¥850)
  • 講談社(2014/12発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 21時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 405p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062779913
  • NDC分類 913.6

内容説明

文豪・谷崎潤一郎に愛され、世間の羨望の的となった、妻・松子。『春琴抄』や『細雪』のモデルにもなった彼女は、常に谷崎が望む女性であり続けようとした。その生涯は、果たして幸せだと言えただろうか?愛と芸術の狭間で悩む、谷崎夫妻の姿を描いた長編恋愛小説。恋多き男の、理想の女性像が明かされる!

著者紹介

鳥越碧[トリゴエミドリ]
1944年、福岡県北九州市生まれ。同志社女子大学英文科卒業。商社勤務ののち、’90年、尾形光琳の生涯を描いた『雁金屋草紙』で第1回時代小説大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

谷崎潤一郎に愛され、世間の羨望の的になった妻・松子。「春琴抄」や「細雪」のモデルにもなった彼女の、数奇な生涯を描く恋愛小説。

文豪・谷崎潤一郎に愛され、当時世間の羨望の的になった、妻・松子。「春琴抄」や「細雪」のモデルにもなった彼女は、谷崎の理想の女性であり続けようとした。
その生涯は、本当に幸せだったのだろうか?
愛と芸術の狭間の煩悩を鋭く描く、恋愛小説。

【著者紹介】
1944年、福岡県北九州市生まれ。
同志社女子大学英文科卒業。商社勤務ののち、90年、尾形光琳の生涯を描いた「雁金屋草紙」で第一回時代小説大賞を受賞。
主な作品に、「あがの夕話」「後朝」「萌がさね」「想ひ草」「蔦かづら」「一葉」「漱石の妻」などがある。
また、近著の「兄いもうと」では、妹・律の視点から正岡子規の壮絶な生涯を描き切り、子規の解釈にも一石を投じた。