講談社文庫<br> シェルター 終末の殺人

個数:
電子版価格 ¥918
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
シェルター 終末の殺人

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 523p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062779890
  • NDC分類 913.6

内容説明

目覚めた場所は硬くて冷たい床の上だった―。“私”は自称ミステリ作家の富豪、火照陽之助の屋敷を取材する。目当ては庭の迷路に隠されたシェルターだったのだが…。そこで発生する極限状況下の連続密室殺人事件。地の底で待つ謎と恐怖と驚愕の結末とは何か?“作家三部作”に連なるホラー&ミステリ長編。

著者紹介

三津田信三[ミツダシンゾウ]
編集者を経て2001年『ホラー作家の棲む家』(講談社ノベルス、『忌館』と改題、講談社文庫)で作家デビュー。2010年『水魑の如き沈むもの』(原書房、講談社文庫)で第10回本格ミステリ大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

作家の眼前で繰り広げられる連続密室殺人。

作家の眼前で繰り広げられる連続密室殺人。

作家が取材で訪れた富豪の庭の迷路の下にシェルターの入口はあった。そして空に巨大な閃光が……。動機のあるはずもない初対面の人間同士のなかで殺人は続く。終末の惨劇の真相は? 三津田信三、再び。