講談社文庫<br> 地の底のヤマ〈上〉

個数:
電子版価格 ¥1,058
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
地の底のヤマ〈上〉

  • 西村 健【著】
  • 価格 ¥1,058(本体¥980)
  • 講談社(2014/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 18pt
  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2016年12月11日 15時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 708p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062779562
  • NDC分類 913.6

内容説明

昭和三十八年。福岡県の三池炭鉱で大規模な爆発事故が起きた夜に、一人の警察官が殺された。その息子・猿渡鉄男は、やがて父と同じく地元の警察官となり、事件の行方を追い始める。労働争議や炭塵爆発事故の下、懸命に生きる三池の人々と、「戦後の昭和」ならではの事件を描いた、社会派大河ミステリー。

著者紹介

西村健[ニシムラケン]
1965年福岡県福岡市生まれ。東京大学工学部卒業。労働省(現・厚生労働省)に入省の後、フリーライターになる。1996年、『ビンゴ』(講談社文庫)で作家デビュー。ノンフィクションやエンタテインメント小説を次々と発表する。2005年、『劫火』で第24回日本冒険小説協会大賞を受賞。2010年、『残火』で第29回日本冒険小説協会大賞を受賞。2011年、『地の底のヤマ』で第30回日本冒険小説協会大賞を、2012年、同作品で第33回吉川英治文学新人賞を受賞。また、2014年には『ヤマの疾風』で第16回大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

九州・三池炭鉱。一人の警官の人生を軸に、熱き男たちの生き様を描いた話題作。吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞受賞作。

九州・三池炭鉱。一人の警官の人生を軸に、熱き男たちの生き様を描いた話題作。吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞受賞作。

【著者紹介】
1965年福岡県生まれ。東京大学工学部卒業。労働省勤務後、フリーライターに転身。
96年、「ビンゴ BINGO」で小説家デビュー。「却火」「残火」で日本冒険小説協会大賞、本作「地の底のヤマ」で吉川英治文学賞と日本冒険小説協会大賞を受賞。
「ギャップ GAP」「笑い犬」「任侠スタッフサービス」など、著書多数。