講談社文庫<br> 首都感染

個数:
電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
首都感染

  • 高嶋 哲夫【著】
  • 価格 ¥1,045(本体¥950)
  • 講談社(2013/11発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 18pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 18時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 584p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062777049
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

中国で強毒性新型インフルエンザが出現! ウイルスが世界に、そして日本へと向かった。底なしの恐怖を描く近未来パンデミック長編。強毒性インフルエンザ・ウイルス出現!
感染者の移動を禁止しなければパンデミックは阻止できない
総理は“東京封鎖”を決断した。

二〇××年、中国でサッカー・ワールドカップが開催された。しかし、スタジアムから遠く離れた雲南省で致死率六〇%の強毒性インフルエンザが出現! 中国当局の封じ込めも破綻し、恐怖のウイルスがついに日本へと向かった。検疫が破られ都内にも患者が発生。生き残りを賭け、空前絶後の“東京封鎖”作戦が始まった。

プロローグ
第一章 対策
第二章 感染
第三章 封鎖
第四章 拡大
エピローグ


高嶋 哲夫[タカシマ テツオ]
著・文・その他

内容説明

二〇××年、中国でサッカー・ワールドカップが開催された。しかし、スタジアムから遠く離れた雲南省で致死率六〇%の強毒性インフルエンザが出現!中国当局の封じ込めも破綻し、恐怖のウイルスがついに日本へと向かった。検疫が破られ都内にも患者が発生。生き残りを賭け、空前絶後の“東京封鎖”作戦が始まった。

著者等紹介

高嶋哲夫[タカシマテツオ]
1949年、岡山県玉野市生まれ。慶應義塾大学工学部卒業。同大学院修士課程修了。日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)研究員を経て、カリフォルニア大学に留学。’79年、日本原子力学会技術賞受賞。’94年、『メルトダウン』(講談社文庫)で第1回小説現代推理新人賞、’99年、『イントゥルーダー』(文春文庫)で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

348
表紙に薄く印刷された「PANDEMIC」。10年前はまだ一般的な言葉でなかったため、『首都感染』をメインタイトルにした、と著者は語っている。まさに、現代の世界危機を見ているような「予言小説」だった。「不要不急の外出をやめよう」とか、アナウンサーも感染したりトイレットペーパーの買い占めのシーンも登場する。小説の設定では、全世界71億人の人口のうち、80%にもあたる56億8000万人が感染して何と22%の12億人余りが死亡する。このような最悪の状態にならないためには…。私たち一人一人が試されている。2020/04/20

みも

198
凄い。小説と事実が混淆し、僕の中で混乱が生じるほど現況と酷似。COVID-19パンデミック以前に読んでいたら、とても作者の警鐘として受容し難く、むしろ事態の変遷や政府の対応、更に世界的な経済活動停止など、非現実的だな…そう思ったに違いない。今まさに、ここに描かれた恐ろしい事態が現実となっている。イタリアやスペインの感染・死亡の加速度、また、大都市の封鎖や欧米諸国での外出禁止令や世界各国の渡航制限、世界的株価の暴落や医療崩壊にも言及している。これが強毒性でエボラ出血熱並みに致死率が高かったら…想像を絶する。2020/03/22

はにこ

166
もしこの本を一年前に読んでいたとしたら、こんな恐ろしいことあったら困ると他人事として感じただろう。しかしコロナ禍の今、この本に書かれていることはもう10ヶ月以上続くコロナと人類との戦いの記録とも思えてくる。その本が10年前に出版されたことに非常に驚く。未だ終息を見せないコロナ。しかし遠すぎない未来に皆と寄り添って暮らせる日々を望まずにはいられない。2020/11/18

タイ子

161
いろんな意味で恐れおののいた作品。10年前に刊行されたにも関わらず、現在日本が直面している危機的状況に似通う部分があまりにも多すぎる。中国でワールドカップが開催される最中、新型ウイルスが蔓延し始める。中国の危機感のなさが被害を大きくし、やがては世界中に広がる怖さ。日本では元WHO感染症対策のエキスパート医師の瀬戸崎優司が東京を完全封鎖する案を首相に提案。強毒性ウイルスと医師、看護師、国家の闘いが始まる。小説なので時にドラマティックな部分もありながらも日本の今なすべき事が示唆される作品。高嶋さん凄いな。2020/03/31

井川浩

121
今のコロナ禍だからこそ、手にとってしまいました。舞台は首都圏、題材は強毒性インフルエンザですが、今世界がおかれている状況に酷似しています。同じタイミングで映画『感染列島』も観ました。どちらも政府や医療従事者の目線で、精神的にも肉体的にも壮絶な対応劇が描かれています。この地球ではウィルスと闘う機会が今後も生じると予測できる中、我々一人ひとりが悪影響を拡散しないような節度ある行動をしなければならないことを強く感じさせられました。2020/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7512324

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。