講談社文庫<br> ストリートワイズ

電子版価格 ¥691
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
ストリートワイズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062763325
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

街を一つの大きな学習の場としてさ迷い歩くうちに獲得した知識や知恵、それがストリートワイズだ。敬愛する思想家・福田恒存との邂逅、急速に失われていく過去との繋がり、世相を映し出さないメガヒット本の登場、あいまいな日本の「戦後民主主義」など、時代と思想を縦横に網羅する鮮烈なデビュー論集。

目次

一九七九年の福田恒存
『俘虜記』の「そのこと」
丸山眞男か福田恒存か
原辰徳の口にした「聖域」
あいまいな日本の「戦後民主主義」
十二月八日の力道山
「本場」という他者が消える時
オウム世代の神様探し
もうパチンコ屋へなんか行かない
夏の読者〔ほか〕

著者等紹介

坪内祐三[ツボウチユウゾウ]
1958年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了。雑誌『東京人』の編集者を経て評論家に。2001年『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り』(マガジンハウス)で第17回講談社エッセイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。