講談社文庫<br> さようなら、私の本よ!

電子版価格 ¥900
  • 電書あり

講談社文庫
さようなら、私の本よ!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 524p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062762724
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

国際的な作家である古義人と建築家の繁。この「おかしな二人組」は幼い頃から因縁があり、時を経て病院のベッドで再会を果たす。老人の愚行としてテロを画策する繁に巻き込まれていく古義人は、組織の青年達と精神の触れあいを深めながらも、「小さな老人」の家に軟禁されるのであった。二人の行き着く先には。

著者等紹介

大江健三郎[オオエケンザブロウ]
1935年愛媛県生まれ。東京大学文学部仏文学科卒業。大学在学中の’57年「奇妙な仕事」で東大五月祭賞を受賞する。以後、’58年「飼育」で芥川賞、’64年『個人的な体験』で新潮社文学賞、’67年『万延元年のフットボール』で谷崎潤一郎賞、’73年『洪水はわが魂に及び』で野間文芸賞、’83年『「雨の木」を聴く女たち』で読売文学賞、『新しい人よ眼ざめよ』で大佛次郎賞、’84年「河馬に噛まれる」で川端康成文学賞、’90年『人生の親戚』で伊藤整文学賞をそれぞれ受賞、’94年には日本人として二人目のノーベル文学賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

国際的な作家である古義人と建築家の繁。この「おかしな二人組」は幼い頃から因縁があり、時を経て病院のベッドで再会を果たした。大江健三郎流テロリズムとは?

国際的な作家である古義人と建築家の繁。この「おかしな2人組」は幼い頃から因縁があり、時を経て病院のベッドで再会を果たす。老人の愚行としてテロを画策する繁に巻き込まれていく古義人は、組織の青年達と精神の触れあいを深めながらも、「小さな老人(ゲロンチョン)」の家に軟禁されるのであった。2人の行き着く先には。

第一部 むしろ老人の愚行が聞きたい
 序章 見よ、かれらは帰ってくる
 第一章 「小さな老人」の家
 第二章 エリオットの読み方
 第三章 ミシマ問題に戻る
 第四章 ヴィデオカメラに挑発されて
第二部 死んだ人たちの伝達は火をもって
 第五章 あいまいな軟禁
 第六章 ミシマ=フォン・ゾーン計画
 第七章 犬と狼の間
 第八章 ロバンソン小説
 第九章 突然の尻すぼみ(一)
 第十章 突然の尻すぼみ(二)
第三部 われわれは静かに静かに動き始めなければならない
 第十一章 「破壊する」教育
 第十二章 おかしなところが優位に立つ
 第十三章 「小さな老人」の家が爆破される
 第十四章 「おかしな二人組」の合作
 終章 「徴候」
文庫版のために


大江 健三郎[オオエ ケンザブロウ]
著・文・その他