講談社文庫<br> 偏愛文学館

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
偏愛文学館

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 225p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062760928
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0195

内容説明

夏目漱石、吉田健一、宮部みゆき、ジュリアン・グラック、ラヴゼイ…。古今東西様々なジャンルの「本」39冊を独自の視点観点で紹介する。ブックガイドとしてだけでなく、『大人のための残酷童話』『パルタイ』といった名作を残した著者自身の作品世界、その背景までも垣間見ることのできる究極の読書案内。

目次

夢十夜―夏目漱石
灰燼/かのように―森鴎外
半七捕物帳―岡本綺堂
鍵・瘋癲老人日記―谷崎潤一郎
冥途・旅順入城式―内田百〓(けん)
雨月物語・春雨物語―上田秋成
山月記・李陵―中島敦
火車―宮部みゆき
百物語―杉浦日向子
聊斎志異―蒲松齢〔ほか〕

著者等紹介

倉橋由美子[クラハシユミコ]
1935年高知県生まれ。明治大学大学院文学研究科中退。大学在学中の’60年「パルタイ」で明治大学学長賞を受賞。同作が芥川賞の候補となる。’61年短編集『パルタイ』で女流文学賞受賞。’62年には田村俊子賞を受賞。また、’87年『アマノン国往還記』で泉鏡花賞を受賞している。2005年6月10日、永眠。享年69(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

判型:A6判
頁数:256p
造本・体裁:仮製・薄表紙・カバー

急逝した作家、倉橋由美子による私的書評集

夏目漱石、吉田健一、宮部みゆき、ジュリアン・グラック、ラヴゼイほか、創作の根源をたどり、古今東西39冊の本を取り上げた倉橋由美子の手による私的書評集。