講談社文庫<br> 苦海浄土―わが水俣病 (新装版)

個数:

講談社文庫
苦海浄土―わが水俣病 (新装版)

  • ウェブストアに70冊在庫がございます。(2021年12月02日 12時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 411p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062748155
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報

人の尊厳とは何か いまこそ心打つ<声>を聞いてください

文字が大きく読みやすくなった新装版

工場廃水の水銀が引き起こした文明の病・水俣病。この地に育った著者は、患者とその家族の苦しみを自らのものとして、壮絶かつ清冽(せいれつ)な記録を綴った。本作は、世に出て30数年を経たいまなお、極限状況にあっても輝きを失わない人間の尊厳を訴えてやまない。末永く読み継がれるべき<いのちの文学>の新装版。

石牟礼 道子[イシムレ ミチコ]
著・文・その他

内容説明

工場廃水の水銀が引き起こした文明の病・水俣病。この地に育った著者は、患者とその家族の苦しみを自らのものとして、壮絶かつ清冽な記録を綴った。本作は、世に出て三十数年を経たいまなお、極限状況にあっても輝きを失わない人間の尊厳を訴えてやまない。末永く読み継がれるべき“いのちの文学”の新装版。

目次

第1章 椿の海
第2章 不知火海沿岸漁民
第3章 ゆき女きき書
第4章 天の魚
第5章 地の魚
第6章 とんとん村
第7章 昭和四十三年

著者等紹介

石牟礼道子[イシムレミチコ]
1927年、熊本県天草郡に生まれる。’69年、『苦海浄土』を刊行、水俣病の現実を伝え、魂の文学として描き出した作品として絶賛される。’70年、第1回大宅壮一賞に選ばれるが受賞辞退。’73年、マグサイサイ賞受賞。’93年、『十六夜橋』(ちくま文庫)で紫式部文学賞受賞。2002年、朝日賞受賞。同年、新作能「不知火」を発表。’03年、『はにかみの国―石牟礼道子全詩集』(石風社)で芸術選奨文部科学大臣賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 6件/全6件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

392
かつて不知火海沿岸一帯は、温和な海と沿岸漁師たちとの共生関係を長く続けていた。漁師やその家族たちは海の恵みを受け、食する魚にさえも家族のような親近感を持って暮らしていた。金銭的にはけっして豊かではなかったかも知れないが、病気一つしたことのない健康な身体を誇り、本質的な意味における豊かさを謳歌していた。日本窒素水俣工場がやって来るまでは。チッソの構造は過去の足尾鉱毒事件と、そして原発事故と全くといっていいくらいに、その本質を同じくする。すなわち、企業と政治が民衆を踏みにじるというそれである。本書は、民衆に⇒2016/06/08

ちゃちゃ

133
人としての尊厳を剥奪された魂の絶唱。まるで著者が水俣病患者の心と体に移り住んだかのように語られる苦悩や絶望。白眉は、患者の独白形式で記された「ゆき女聞き書き」。全身痙攣で意のままにならぬ体から絞り出される壮絶な言葉。それでも再び人間に生まれ変わって舟で海に出たいと言う彼女。美しい不知火海を死の海に変え多くの生き物の命を奪った無責任な企業や無策の行政へ、抑えようのない憤りが沸々と湧く。だが本作の最大の魅力は、往生できない魂魄の代弁者たる自覚のもと、石牟礼自身が紡ぐ言葉の美しさ、深い文学性にある。まさに傑作。2018/08/24

chantal(シャンタール)

108
文明の発達に伴い多くの物を私たちは享受して来た。でもその陰にどれだけの犠牲があったのか、想像した事があるだろうか?水俣病の存在は知っていた。でもそれが患者やその家族にどれだけの地獄の苦しみを負わせて来たのか、人間の尊厳を根こそぎ奪い去る物であったのか、全く知らずにいた。動かぬ行政、厚顔無恥な原因企業、そして何より病をタブー視するその他市民の無言の圧力や悪意、どれだけ苦しかったことか。生きる糧を提供してくれた、本来美しく浄土のようであった海が地獄の苦海と化してしまった。今、あの海はどうなっているのだろうか?2019/03/17

はたっぴ

97
『100分de名著』で取り上げられたこの作品を少しずつ時間をかけて読了。作品は知っていたが、軽々しい気持ちでは読めないと敬遠していたのが悔やまれる。とは言いながら、なかなか読み進めることが出来ず、頁を捲る手が何度も止まり、水俣病患者とその家族の苦行の日々に思いを巡らせた。命を奪われた人、重い中毒症状で体の自由が効かなくなった人、水俣病の胎児として生まれてきた赤ん坊。ほとんどの患者が人間らしい生活が出来なかったという酷い現実。著者の人生を賭けた取り組みは今も続く。これからは目を背けずに受け止めたいと思う。2016/09/27

ふう

95
水俣病について初めて知ったのは1962年、小学5年生のときでした。住んでいた鹿児島に近い町での出来事であり、その病気の原因が魚介類にあると報道されたとき、海が繋がっている町では、大人たちが魚屋で「どこの魚?」と聞いて買っていました。身近な問題でしたが、その悲惨さを本当に知ったのは、ユージン・スミスの写真を見たときです。体の動かない我が子を入浴させる母親のやさしさと悲しみに満ちたまなざし。決してもどらない穏やかな生活。知っているからなかなか読めずにいたこの作品でしたが、読むことが作者への一番の追悼だと→2018/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/470513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。